人工鼻カバーの作り方

 

トラキベント(人工鼻)カバーの作り方

外出の時などに、トラキベントが取れないようにカバーしている物です。
Kaitoの部屋のねねさんが作っているものを参考にさせてもらいアレンジしました。
少しの布で出来るので、着れなくなった洋服やはぎれなどを使って作っています。

T1
1. 生地を用意します
   ① 5.5×16cm
   ② 13×2cm 2本
   ③ 5.5×2cm 2本

2. ②③の布をバイアステープ状に折ります
  生地の長い面を内側に織り込む感じです
  (市販のバイアステープを使うと楽です)

T3
3. ①の布を袋状に縫います
  生地を裏にして二つ折りにします
  二辺をミシンで縫います(縫代分各辺2.5mm)
  裏返して表を出します
  縫い合わせていない部分を2.5mm分
  中に織り込みます
  4辺の全ての端をミシンで縫います
  出来上がりサイズ(5×7.5cm)

T4
4.②の布で3の上下を挟み込むように縫います
  3の布に対して、左側3.5mm、右側4.5mm

T5
5.4で縫い付けた②の布の左側にゴムを1cm強挟
  み込み、外れないようにミシンで縫い付けます
  ゴムは帽子などに使う細いものを使っています
  いったんの場合、ゴムの長さは縫代分あわせて、
  12cm使用しています

T6  
6.4で縫い付けた②の布の右側の2本を合わせ、
  端から3.5cmの部分を縫います

T7
7.③の布を写真のように折ります

T8  
8.7の布の一つを右側の端に、一つをゴムの端に 
  挟むように縫いつけます
9. マジックテープをつけて出来上がりです
 
T9
こんな感じです 
後ろがゴムになっているので、トラキベントとカバーを一緒に外して、カニューレの下に引っ掛けて吸引しています。
自己・事故抜管を防ぐ為、外出時以外はつけていません。

T10
現在はマジックテープをつけず、両側にゴムをつけてホルダーに付けたボタンにかけるように作っています。
カバーが左右にずれてしまう事もありませんので、吸引の時の装着が楽になります。
首回りにゴムを回さないので、その分負担も少なくなると思います。

© 2011 花のいっぽ Suffusion theme by Sayontan Sinha