今日は校外。お隣の小学校と中学校の支援級で集まってレクする日。

年に3回それぞれの学校であるので。2回は結構な距離を歩いて行く。
私は吸引器を担ぎながら、一番後ろを歩く。重いので歩くのが精一杯。

いっちは6年生のお兄ちゃんと手を繋いで。
先生がそれぞれ手を繋いだ二人組みに付き添うけれど、いっちとそのお兄ちゃんは自分達の力でとなる。

帰り道転んだ。手を繋いだ状態で転び、しばらく立ち上がらなかったから少し心配したけれど。最後尾なので様子はわからない。先生が膝を見て、古傷だから大丈夫という声だけが聞こえる。
その後、疲れからかフラフラしたりわがまま言ったりして。叱られつつなんとか歩いて学校へ。

さて、学校から帰り道。繋ごうとした手を見てビックリ。
手を繋いで転んだからね。繋いだ手の甲が結構擦りむいてぷっくりと腫れていた。

痛みには強い子で。泣いたりする事が無いから誰も気がつかなかったのだろうけれど。
普通の子にとっての徒歩はいっちにとっては走る事。甘やかすつもりは無いけれど、頑張って歩いていて、転んでしまった時。怪我をきちんとチェックしてフォローしてあげたらどれだけ気持ちが落ち着くのだろう。言葉が不自由な彼女には心の介助が必要なのでは。強い強いですべてを済ませてはいけない。体は人一倍弱い。ちょっと思ってしまう。

腫れは引いて、赤みがかった擦り傷程度にはなったけど。怪我の程度は全然大丈夫だけど。

ちょっと愚痴。

今週は校外続きで土曜日は参観でしかも6時間で。
付き添いでハードな日々・・・愚痴をお許しください・・・(汗)

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

   
© 2011 花のいっぽ Suffusion theme by Sayontan Sinha