1月 252011
 

火曜日の3、4時間目は体育。
校庭が無いので公園、又は時々スポーツセンターのようなところに出かけて体育を行います。

今日は公園。
吸引も少し前より落ち着いているので、少し出かけます~と40分程度出かけました。
といっても自宅(^。^)ゞ掃除しに(^。^)ゞ

けどね、こんな少しの時間でも私にとっては貴重な時間なのです。これがあると無いとでは全然違う。
きっと、家にいての30~40分ならばそんな事思わないのでしょうけれどね。この時間内でできるところまで~ってなるので、動きに無駄も無く効率よく掃除できるのです(^-^)

さて、そんな私が不在の時の出来事。
公園で年配の女性とその娘さんらしき人がベンチに座っていたらしく。その隣にいっちさんチョコンと腰掛けたらしいのです。並ぶように。

どうやら知っている方だったらしく。
『知っているお子さんなんですよ~(ハンデ)があってもお母さんが何でもやらせていて~・・・etc・・・』などと仰っていたそうです。

誰だ・・・小学校関係者ならば先生とかいるからわかると思うし・・・うぅ~ん・・・謎だ・・・

いっちさん、とても社交的なのでね。こういう事がとにかく多いのですよ。
今日、私が公園に戻ってからも、知らないママにブランコこいでもらったり、膝の上に座らせてもらって二人乗りブランコしてたり・・・

『いっちゃんは得な性格というか・・・そういう風に育ててもらったからなんだろうけれど、社交的で誰にでも可愛がられ・・・』って先生は言ってましたが。いやいや、両親とも社交的では無くそのように教育できる優秀な親では無く・・・勝手にあのような性格に育っただけでして。というか、社交的な部分の大半は3歳の頃外科の看護師さん達に育てられたかな(^-^)

さて、帰りの事。
いつもは昇降口まで先生に連れてきてもらうのですが、今日は先生が出張で帰りの会の最後まではいられないとの事で、教室まで迎えに行きました。

教室に上がると、丁度帰りの会が始まった頃。廊下から見つからないように見ていました。
いっちさん今日は日直でした!

帰りに歌を歌うのだけれど、前に出て指揮棒のようなもので前に張られた歌詞をなぞり。勿論、全然正確には歌詞をなぞれてないのだけれど、本人としては張り切ってやっていました。口も動いていたので、クチパクで唄っていたと思います。
そして、最後には指揮者が行うように、両手を挙げてタクトを握るポーズ♪先生やお友達に、『ばっちりーーー!』って褒められまくってました(^-^)
帰りの挨拶もしっかりと行い、見事に日直の仕事をやり終えたいっち。ランドセルだけ先生にちょこっと手伝ってもらい、お友達と昇降口へとスタスタ行ってしまいました。迎えに行った母の立場は・・・(汗)

タクトを握った瞬間、私も飛び上がって拍手しそうでした(^-^)
そして、はちゃめちゃに歌詞をなぞるいっちをそのまま受け入れ、タクトを握るそのポーズをみて『いっちゃんナイスー!』とばかりに盛り上がるクラスのお友達。
良いお友達に囲まれいっちは幸せだなぁ~って思いました。

  4 Responses to “誰でしょう?”

  1. そうなんですよね〜。付き添いまたは待機の母にとって、ほんの少しの時間、自宅に戻り家事などが出来るのは有り難いのよね〜。

    私も週2日の療育単独通園日はスーパーで食材買ったり、用事済ませたり、家事したり、そしてたまぁにお友達ママと会ったりする貴重な時間。

    ウチの場合は県や市の今の状況が変わらなければあと2年しかそのような時間が持てないのでホントに貴重です。

    いっちさんの社交性はおそらく、いっちさんの頑張ってる姿を暖かく見守ってくれる人がいるから育ったんだと思います。

    そしていっちママ、パパがいっちさんをどこへでも積極的に連れて行ってあげたから。

    ハンディがあるとあれはダメ、ムリとやらせなかったり、引きこもりになりがちだけど、体調が許す限りトライしてかなきゃなと実感してます。

  2. あっ、おとめもキレイで若い女以外には誰にでも抱かれる女(変な言いかた・・)なんで、私が目離したスキによく拉致されるよ。。みんな、おとめが気管切開っ子の呼吸器使用っていうの忘れてるから突然鳴り出す呼吸器アラームにビックリして泣きそうになりながら返しに来るんですけどね・・・

    いったんの人懐っこくて愛想がいいのは病院育ちだからなのね。。
    おとめは愛想はないんだけど、眼飛ばして『おい、抱けや!」』とテレパシーを送るらしいよ・・・

  3. 〇 モコモコさん 〇
    公園が学校と家の丁度間ぐらいの距離で。これならば30~40分程度ならばと帰らせてもらいました(^-^)家に帰ってから掃除機かけなくていいんだ~ってそれだけでも凄く助かります~~~
    モコモコさんは単独が週2あるんですね。あと2年か・・・どうにか体制がかわるといいのだけれど・・・
    いっちさんの社交性は・・・ほんと周りの人たちに感謝ですね。周りが可愛がってくれるから、受け入れてくれる安心感からあのような非常にアメリカンな子が育ったのだと思います。親には全く似ていない・・・みんなに誘拐されないようにと散々言われてます・・・(汗)

  4. 〇 おとめ母さん 〇
    キレイで若い女以外ってのが凄いよね~どこがラインなのか知りたいわ~
    けど、目を離したスキに拉致ってのは怖いね~アラームが万引きセンサーみたいだね。
    そうそう、人懐っこいのは3歳の時にしんどすぎて無表情で横にもなる事ができずだった頃、看護師さんがどうにか元気を出して気力を出して気にかけて~と、朝からお尻フリフリして踊ったりしてくれてたから。あそこで作られたんだと思うわ~

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

   
© 2011 花のいっぽ Suffusion theme by Sayontan Sinha