明日から夏休み。
1学期終了と書きたいとこだけれど、2学期制なので終わりでは無いのです~

夏休み中に校舎の引越しがある為、学校には私物を一つも残しておくわけにはいきません。
毎日少しずつ持ち帰ってはいましたが、今日は、遠足で使ったバギーに残りをすべて乗せて帰ってきました。

・・・お嬢様も乗ってらっしゃるけど・・・
これって・・・24ヶ月までサイズなんですけれど・・・

下には吸引器やらなにやら沢山詰め込み、後ろにはいっぱい荷物をぶら下げて。バギー途中で壊れるんじゃないかと思いましたよ。

さて、入学してから3ヶ月半。沢山頑張りましたね~。
こんなに休まずに学校に行けるようになるなんて、まるで夢のようです。

母もなんとか頑張りました(^。^)ゞ

1週間程前かな?教育センターの担当の方に電話。付き添いの件であれこれ話したりしました。
けれど・・・やっぱりまだまだ無理なご様子です・・・一つも先には進めてません。
無理なのはわかるけれど、とにかく一緒に考えてもらわなければ何も進まないので。時々こうして連絡を入れ、今の状況を聞くようにしています。
その状況によって。市ではどうしても無理という事ならば、他にもまた相談しにいかなければならないしね。

無理だとかあーだこーだ結論だけでは無く。
とにかく、一緒に考えてもらいたいのです。今できる一番良い方法、これら良くなる方法を。

翌日、療育のケースワーカーさんとも話す機会があり。
福祉の面からも色々考えられないのか・・・などと色々考えてくれているようです。

とりあえず・・・
9月に個別での宿泊学習があり・・・それが凄い憂鬱な私です・・・
付き添いはかまいませんし・・・仕方の無い事なのかもしれませんが・・・

『いずれは、修学旅行などの時に看護師さんをつけられれば・・・』という段階の市の考え。

『両親と離れ集団で学ぶ・・・』・・・という宿泊学習の意図。

モニターや吸入やらあれこれ大変だし。
泊まらずに帰ります・・・毎日喉まで言葉が出掛かってます。

『ご両親とは〇〇でお別れで・・・』とか、説明受けたり。
『じゃぁ・・・お母さんの分〇〇円お願いします・・・』とか言われたり。

いっちの生活を大切にしたいからこそ、こうして頑張って毎日付き添いしてるけれど。ここまで我慢すべきか・・・とふと自分に問いかけてみたり。
泊まるのは簡単だけれど、やっぱり心に傷が残りそうな気もするから泊まるのはやめようかなぁ・・・そうとも思ったり。
いや、そんな小さい事言わずに頑張ろう~って・・・微妙に・・・ほんの少しだけ考えたり。

修学旅行とかねぇ・・・クラスでの宿泊学習とかならいくらでも頑張るけれどね。
これから毎年泊まるのかぁ・・・と考えると・・・

まぁ、相変わらず小さい私って事で。
今考えても仕方の無い事なので、1ヶ月間はその事は忘れて。夏休みを楽しもう~♪

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

   
© 2011 花のいっぽ Suffusion theme by Sayontan Sinha