新聞の折込にて、教員異動の発表がありました。

いっちの担任だった先生が退職し、理解のあった校長先生も異動となっていたのでとても心配していたのですが。
前年度教頭先生だった先生が校長先生になる事となり、ほっとしました。教頭先生も校長先生のように、理解があり、何でも相談に乗って下さる先生なので。

前校長先生が快く受け入れてくれたので、今いっちはこの小学校にいます。
『是非きてください。一花ちゃんはこの学校に入るものだと決めてますから!』って言ってくださった先生です。

そして、医療的ケアのボランティアの件でも、相談するとすぐ動いて下さいました。
市としてなかなか動き出さないので、学校側でどんどんやっていきましょうと。

感謝の気持ちでいっぱいです。
次は私の姪の在籍する学校の校長先生に異動するそう。
小規模だった今の学校とちがい、マンモス校の校長先生。イメージがわかないなぁ。

そして退職の欄にいっちの担任だったM先生の名前。
改めて実感~・・・

先生、離退任式で大きな違反をしてくれまして。

絶対に泣いてしまうだろうなぁ・・・って思っていたのに、M先生ったら生徒へのお別れの言葉で、いっちの事を話されて・・・
あぁ・・・そんな話ししたら泣いてしまうだろうー!って思ったと同時に、となりのお母さんが、『あっ、ダメっ・・・』って涙されてて・・・
もそれからボロボロ・・・お引越ししてしまうお友達ママと、色々な話してたらさらにボロボロ・・・

けどね、それだけボロボロしたら落ち着きました。
また、今年から新しい先生と楽しい学校生活が送れるよう、親としてサポート頑張ろうと思います。
頑張るぞっ!

  2 Responses to “教員異動”

  1. ご無沙汰しています
    すごく信頼できる先生の異動は、親としてすごくつらいよね。
    前年度で、ネリーの担任が異動になりました。
    これを機に、1年生の時に教わっていた先生が戻ってきてくれるのを期待していた私。。。
    でも、ダメだった(>_<)
    信頼できる先生が、今年こそ、帰って来てくれると信じていたのに・・・
    新聞見て、夫婦でがっかりしたよー

    イイ先生に出会えるように。。。今は、始業式まで祈る思いです。

    いっちゃん、カタカナも読めるようになったんだねー
    うちは、ひらがなもカタカナも、読めはするんだけど、
    長い文章だとなかなか理解につながらないの。

    どうしてーーーーーーーって叫びたくなることもしばしばだよ(?_?)

    文章的なことは苦手なので、生活面を伸ばすことを今は、重視しています。
    週2日。お勉強を教えてくださる児童デイサービスに、一人で通所することにしました。
    約2キロの道のりを、一人で行き帰りするチャレンジ!
    頑張ってるよーーー

    また、お会いできる日を楽しみにしてるねっ

    そうそう、学会でコフィンのことが発表されたねっ!

    • HAHAさんお久しぶりです~コメントありがと!

      今日から新学年。始業式に行ってきました~
      新しい担任の先生が良い先生になりました♪他の支援級の先生方もみな良い先生で、とても安心できる体制になり、ひとまずほっとしたところです!
      交流級も仲の良いお友達と一緒になり、支援級でも交流級でもどこにいても安心だ~って感じ♪

      ネリーちゃんどうだったかな?
      支援級で個別にかかわってもらうとなると、先生との相性や関係って成長に大きく左右するからね・・・良い先生となっていますように!

      ネリーちゃん長い文章だとなんだね。
      うちはもう何段階か前の段階、単語ならば大丈夫なんだけれど、文となるとまるでだめ(汗)文を写して書かせても、文としてとらえてないから、飛ばし飛ばし文字を書くんだよね。漢字とかも覚えて書き出してはいるんだけれど、文にできないから全く進まないのよね・・・。

      児童デイで学習を見てくれるところもあるんだけれど、基本、自分で座って学習に取り組める子で。彼女の場合まだそこまでは無理でさぁ。。。

      しかし、2キロ!凄い!凄い頑張り!
      それは成長するね~次に合うのがほんと楽しみ。
      夏とかにまた集まりたいね~!

      学会の発表、サイトで足の指の写真見て、『あぁ~同じーーー!』って思わず声上げちゃった♪

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

   
© 2011 花のいっぽ Suffusion theme by Sayontan Sinha