医療ボランティアさんが見つかりました!

今日、委員の仕事で学校にいらしているとの事で。急遽、校長先生と教頭先生と4人で顔合わせし、お話させてもらいました。

病状や吸引の仕方など話し簡単な打ち合わせ。話しがどんどん進みます。
カテの長さとか狭窄の部分とか、息止まった場合とか・・・あれこれとても話がスムーズに通り。
『カニューレが抜けたら直ぐ入れるし、自分のできる医療行為事は何でもやらせてもらいます。』って言ってくださいました。

とても話しがスムーズな理由。
有名な小児病院のご出身なのです。気切外来がある程の病院。7年間ぐらい勤め、その後出産で退職したものの、ひと段落したらまた違う病院へお勤めになっていたそう。今も一番したの子が2歳という事もあり、仕事をしていないのでお手伝いしてくださるとの事です。

とりあえず、週に1度、午前中にお願いする事になりました。後は、私が緊急の時に都合がつけば来て下さ
るとの事。もっとやってくださるような雰囲気もあったのですが、2歳のお子さんも一緒に学校待機となるので、極力負担に感じないようにやってもらえたらなぁ~って思い、週に1度、午前中(9時~12時頃まで)という提案をさせてもらいました。

幼稚園からの長い付き添い生活・・・ここにきて初めて誰かにお願いする事ができるようになります。

泣きそうでした・・・嬉しくって。
誰かが私達親子の事を思ってこうして、こうして動いてくれる事。本当に嬉しくて感謝です。

これからもまだ募集は続ける予定です。
2~3人いて週1ずつ午前中だけなどなれば嬉しいなと思っています。各自の負担も少なくなりますし、この先医療的ケアが必要な子が入学する事もあると思います、そうなったときでも大丈夫なように、このボランティア体制を定着していければと。
校長先生も、募集などをもっと広げてこの小学校からこのやり方を発信できたらという事でした。市のほうは動かないし、けど、このままじゃいけないよと。

ゆっくりゆっくりですが、動きだしています。
私の体の事もありますが、私以外のできる誰かがいっちのケアを行うという事。これは、医療的ケアをこれからも必要とするいっちにとってとても大切な事で、それを病院以外で経験させてあげられるようになるのが何よりありがたいです。

親以外の誰かに吸引してもらい。『ありがとう』と素直に感謝できる子に育つ事。
人と関わり助けてもらう事で、そんな気持ちがしっかりと育ってくれればと思います。

こんなチャンスをくれた関係者の方々、本当に感謝です。

  12 Responses to “感謝”

  1. やったやったー!!!!!
    やったねー!おめでとう!!超うれしいぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!
    絶対に助けてくれる人はいるんです!この輪がどんどん広がっていくといいね!
    私も先輩ママに言われてます。法は後からついてくる。今私たちが行動を起こすことが法をつくるのだと。
    なにはともあれ行動あるのみです!
    まだまだ茨の道は続くけど、地道に努力しみんなで頑張っていきましょう!

  2. 医療ボラさん、しかもベテランの方が見つかってよかったぁ〜。

    何だか私も嬉しいです。

    だっていっちママ、ずうっと、幼稚園のお泊り保育まで付き添いでしたからね。

    週1のほんの数時間ですが、リフレッシュ出来るといいですね。

    そしてママと完全分離する時間があることにより、いっちさんももっともっと成長しますよ〜。

    ウチの娘も単独通園が始まってから今現在の食欲旺盛なのも含め、すごく成長してますから。

  3. すごい!!!すばらしい!!
    いったんの自立の第一歩ですね☆
    そしてママも・・・子離れの第一歩^^

    大きな壁に小さいけれど穴が開いて風が入ってきた、そんな感じです。そのうち穴も大きくなって、壁が崩れることを願ってます!!!
    なんだかとっても元気が出ました。とっても嬉しいニュースでした。世の中捨てたもんじゃない☆

  4. 涙が出てしまいます。
    ぜひぜひ、我が区からどんどん発信して
    子供の権利としてみんなと一緒に学校に1人で通えるように
    市にもきちんと認めてもらえるように、頑張りましょうね!!
    また勇気と元気をもらいました!!
    私たちも頑張りますね!!
    また、作戦会議しましょう!!!

  5. ○ なーちゃんママさん ○
    ほんと、これにとどまらず輪が広がっていく事を願いますね。
    そして、いつかは市と協力体制がとれるように。
    まずはできる事をですね。頑張りますね~!

  6. ○ モコモコさん ○
    思い出します~そうそう幼稚園泊まったなぁ~・・・
    ほんと、分離するとすごく成長するんだと思います。
    3歳の時3か月ぐらい離れて暮らして。したら言葉の理解がグンと増えていたんです。親がずっとべったりじゃいけない・・・離れる時間が凄く大切な事だなぁ~ってその頃からいつか分離をと、待って待って待ってここまできました。
    今のところわずか1週間のうちの3時間程度だけれど。私にとってその3時間はたった3時間では無く、とても長く貴重な3時間になると思います。

  7. ○ ぐいこさん ○
    世の中捨てたもんじゃない!ほんと、私もそう思います。
    今回お願いする方は、ほんと気持ちよく引き受けてくださって。人からみたらわずかな時間かもしれないけれど、私にとってはすごく長くて大切な3時間になると思います。そして、いっちにとっても私にとっても親離れ子離れのまずは第1っぽですね。
    これが広がるといいなぁ~って思います!

  8. ○ Yママ ○
    ありがとう~
    校長先生ともいろいろ話して。Yちゃんも来年入るし、地域で広がれば~って話もさせてもらったよ。まず近くの小学校でできている!ってなれば、今までできないできない・・って思っていた方たちの気持ちも少し変わると思うしね。
    あとで作戦会議日連絡しま~す!

  9. キャー、嬉しいー!おめでとうございます!?

    ニヤリッ。
    最初はドキドキでしょうね、ママが!

    私はダメでした笑っ
    看護士さん雇っていただいての幼稚園。入園から一ヶ月半は、園の駐車場にずーっといて、クラスを覗いてましたよぉ〜。

    少しの時間でも、きっといろんな意味で大切な時間になるんでしょーね。

  10. 〇 竜之佐ママさん 〇
    ありがとう~おめでとうです(^-^)
    ドキドキはね、大丈夫です(^-^)!
    さすがに7歳ですし、3時間の事なのでね。今も吸引が平気そうならば、医療行為が出来る人が居ないのに、2時間の体育で分離とかできてしまっているので私の心の準備は随分前からOKなんです。あとは人だけでした♪
    半月~1ヶ月ぐらいは一緒に待機で、慣れたらお願いする事に。掃除とか優雅にできるだろうなぁ~ありがたいです。

  11. コメント出遅れてしまったけれど・・・

    いったんママ、本当に良かったねぇ!!!!
    ボランティアさんで、しかもそんな経験のある看護師さん。。。
    こんな嬉しいことないよねぇ(TωT)ウルウル

    その看護師さんにも感謝しつつ、いったんにも「ありがとう」の気持ち、
    育っていってくれると嬉しいね。

    また、どんな様子か、報告を楽しみにしているねっ♪

  12. ○ ゆいまま ○
    ありがとう~ほんと、気持ちが何よりありがたくて。嬉しくて。
    しばらく一緒にお願いして、徐々に少し時間をもらえるようになれば~と思っているんだけれど、3時間の事なので私がまるまる抜ける事ができるようになるのも早いかな?って思ってるよ。
    親がやって当たり前という気持ちから、人にケアしてもらって、『ありがとう』って素直に感謝できる子に育ってくれたらって思うよ。
    明日が初日。記念の一歩になりそうです♪

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

   
© 2011 花のいっぽ Suffusion theme by Sayontan Sinha