いっちの支援級の先生が今月いっぱいお休みの為。年明けから今日まで代理の先生が来てくれていました。代理の先生は、いっちが1、2年の時支援級で担任をしてくれたいたM先生。

年末に、代理に来て下さるという話を聞いた時は、1~2年の頃のように甘えてしまうのでは無いか・・・そんな心配をしていました。まだ長距離は歩けず、階段がやっとの1~2年の頃。歩けなくて抱っこしてもらって~なんて時期をずっと見てもらっていましたからね。出来るようになったのにまた甘えてしまうのではと。
なので、『M先生はね。新しい校舎のことは知らないんだよ。だからね、いっちがすべて自分でやらなければ駄目なんだよ。』と1月に入ってから2~3日は呪文のように言い聞かせていました。

けれど、そんな心配は必要なかったようでした。少し成長した自分を見てもらえ褒めてもらい楽しく頑張れたみたい。『明日M先生いる?』って毎日聞いてくるぐらい楽しい日々だったようです。

それはそれで安心だったのだけれど。これはやばい、M先生がいなくなったら・・・(汗)一定の期間だけだよって言い聞かせとかなければと、『M先生はいるよ。大丈夫だよ。W先生が戻ってくるまではいるからね。』そう言うようにしていました。

そして、最終日の今日。ずっと口に出さなかった言葉。

『W先生来る?』

と口にしました。それから何度もW先生の名前を。
聞いてみると、戻ってくるのが楽しみだそうです。

ほっとしました・・・

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

   
© 2011 花のいっぽ Suffusion theme by Sayontan Sinha