学校→外科→ST→小児科コースでした。
あ~しんど。

というのも、いっちさんと同時に発症した風邪。
いっちさんは痰がまだ多めではあるけれど、鼻水もかなりおさまり元気いっぱい。夜と朝方の吸引がちょっと大変だけれどね。
しかし私は悪化・・・咳が酷くなり喉が痛くなり鼻がつまり・・・歳なのね・・・つらい・・・とまでは言わないものの、常に微妙にいたぶられている感じ。あ~あたしの咳って何故か止まらず長引くのよねぇ~・・・飴なめるのももう気持ち悪いしやんなっちゃうなぁ~・・・

さて話しは病院に。
実はSTなのですが、T先生に診てもらうのは来月で最後になります。先生移動になってしまったのです。
先生に診てもらいだしたのは4歳ぐらいだったけな?勿論声のなんて全く出ないような時だったのだけれど、療育のSTの先生とはどうしても相性が合わずだったので外科の先生経由でお願いしたんです。
コミュニケーションなのでね・・・なによりも相性が大事だし、声帯がどうであれなんであれ、声を出すという行為を重視してやってもらいたかったから。

最初の頃なんて全然座っていられなくて。声を出す練習なんて無いに等しいような状態。けれど、なにより場に慣れ練習するという環境に慣れる事が大切だろうと、とにかく通い続けました。
ゆっくりゆっくり慣れていき、今では殆どを椅子に座っていられるようになりました。練習もしぶしぶだけれどやってます(^。^)ゞ

先生が言うには、子供達はみんなそうらしいです。上手く発音できないというのが自分でわかっているので、コンプレックスとなり、いくら上手く話す練習であっても嫌がるそうです。
いっちも、『出来ない~嫌~』っと顔を背けたりしてます。けどね、先生しつこいんで(^-^)

一番ありがたかったのが、先生が笑いが耐えない場所作りをしてくれた事。いっちが練習が嫌でもSTに行きたくないとアピールした事は一度も無く。どちらかというと嫌でも進んで行っていました。
声の出ない時なんてカニューレを一瞬(1秒弱程度)塞ぐから辛くて辛くて、家でだって猛烈に嫌がっていた程だったのに、それでもSTには行くと。

相性が合っていたんでしょうね~先生といっちとのやり取りはこちらが笑ってしまう事もある程でした。
春はね・・・別れの時期なんですよね。。。
けれど、別れがあれば出会いもあるので。素敵な出会いがあるといいなぁ~って思います。

  4 Responses to “3科受診”

  1. きっとステキな出逢いがあるさ。。

    プリンセス好きからムーミン好きになったのね・・そのほうが、いったんらしいかも・・そういえば、いったんはムーミンにでてくる『ミー』と似てるね。。

    そしてムーミンより『おさるのジョージ』のほうがいったんらしいかも・・・なぜかは言えないけど・・・

  2. いったんママ〜っ!!!

    私も咳が止まらないの〜!!!

    やはり歳ですかね?(モコモコ、アラフォーです)

    いっちさんのSTの先生、移動なのね。

    先生って相性があるから、後任のST先生もいっちさんに合う方だとイイネ。

    あ、私もおとめ母さんと同じく、『いっちさん=おさるのジョージ』に一票で〜す。

  3. 〇 おとめ母さん 〇
    おさるのジョージ・・・なぜかは言えない・・・?
    いってごらん、ほらっ、どうしてだかいってごらんなさいっ!!!
    いやいや、実はいっちさん『おさるのジョージ』も好きなのよ。
    見事生き写しよね・・・くりそつっていうの・・・動きとかやばいね・・・

  4. 〇 モコモコさん 〇
    モコモコさんも咳にやられてるのねー
    こちらはやばいラインに入ってきました・・・咳のしすぎで腹筋が痛くて痛くて・・・このまま腹筋割れたらどうしようなんて・・・ありえないけどそんな事考えちゃうほどで・・・
    ST。どのリハビリも相性ってとっても大事だなぁ~って思うんだけれど。言葉って気持ちがあるからかな?特に相性って大事なような気がします。
    『おさるのジョージ』・・・皆して・・・けど否定できない・・・

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

   
© 2011 花のいっぽ Suffusion theme by Sayontan Sinha