『いっちゃんさ、次の外来の時に入院しちゃおう。』

???????????????????????????????????????????????????

って事で8月8日より入院となりました。

あっ、なんでか?よね。説明ね。

マニアックなお話になってしまうので、分けわからない文面にはなりますが(汗)
お暇な人は読んでね↓

いっちさん、夏に入院しようか?って話しが随分前にありました。
年に一度の気管支鏡の検査に加え、穴空きカニューレをもっと細くしてしまおうと(メラだと3.0が限界)。

しかし、もっと細くした場合8frの先折れカテが入らなくなる。しかし、6.5frだとそんな特殊なカテが無い。
なので、スピーチでは無く通常のカニューレを入れる事となる。でもって、リークだけで頑張らせる事に。ちなみに、そのほうが自力での呼吸の範囲が広がるので、鍛えられ、特に喉頭の形成が悪いいっちには今後を考えると良い事ではある。
しかし、粘着性のいっちの痰だと、3.0の普通のカニューレだと必ず詰まる。3.5でも詰まったから。
けれど、3.0mmを短くしたならばきっと詰まりにくくなるだろう・・・閉塞を回避できるかもしれない・・・

ってな話しにその頃なってました。

が、またもや新たにいっちの特注カニューレのラインを引いてもらう事になる。わざわざそこまでする必要が今あるか?
作っても大丈夫かとは言い切れないし・・・

『まぁ~いっちゃん、抜管前提じゃないから今年はいいかぁ~』
S先生のサラリと発した素敵過ぎる言葉(涙)苦笑いするしかなかった母(汗)

ってことで、今年はいっぱい遊んでやるーーー!モードにすっかりなっていました。

ところが・・・できたのです・・・開発されたのです・・・新しいカニューレが。

とても柔らかく、刺激が最小限に抑えられ、過敏ないっちさんには最適では?と。
気切孔確保という意味合いの強くなってきた、いっちのカニューレ。ならば、もっともっと細くして、自分の気道だけで頑張らせるようにもっていけば、いざ抜くという時にも(←あるのか?)スムーズにもっていけるだろうからと。

あぁ・・・自分でも書いてて説明がむずくなってきた。

えっと・・・新しい開発されたカニューレは、2.5mmからあって、今までに無いぐらい気管に優しい物になったそうなのです。
形としてはシャイリーのようなのですが、チューブの作りは全然違う。

あぁ・・・こんなカニューレ一年前のあの苦しい時に欲しかった・・・

けれど、医療はどんどん発展しているのですね。こうして新しい物が出てくるとは。

勿論、いっちに合うかどうかはやってみなければわかりません。
いっちの場合、簡単にサイズや形変更ができるわけではないので、一応、2週間リカバリーをキープしてくれています。

突然の予定変更ですが。まぁ、夏休みとかじゃないとこんな事できませんのでね。
どうか上手くいきますように。

そして・・・それまで遊ぶぞーーー!

  6 Responses to “一年前に欲しかった・・・”

  1. 新しいカニューレ!!できたのですね。
    いっちゃんにあうといいね。
    また、詳しく教えてください。

    • 新しいカニューレ。
      これが合ってくれたならば、ずっとこれになるのかな?って思う。
      でも、それにするにはやっぱり入院するしかないのよね・・・夏休みがちょっとさみしい・・・
      けどいつかはやらねばならない事だしね。がんばるよ~!

  2. 新しいカニューレでたんですね。
    2.5mmからあるって凄い(^◇^;)

    いっちゃんに合うといいですね!

    うちは新生児のときからシャイリー3.5mmをずっとです^^;

    • できたらしいです~まだ現物を見てないのでドキドキです。
      けれど、2.5mmは貴重ですよね。今までは2.5mmはポーテックスだけだったような気がします。
      上手くいくといいのですが・・・現物見たら情報をまたアップしますね。

      うちも、今はシャイリー3.5mmの新生児用よりちょこっと短いサイズ使ってますよ!

  3. 新しいカニューレが開発されたなんて、ちょっと興味あります。

    うちの娘はずうっとシャイリーオンリー(しかも新生児用。6歳なのに。)なのでね。

    いっちさん、予定外の急な入院だけど、1歩前進できますように。

    • 新しいの興味ありますよね~私もまだ現物を見ていなくて。
      気切して8年・・・医療は進化するんですね。
      うちもシャイリーの新生児用よりちょこっと短いサイズにしてもらってます。
      呼吸状態を保つ為・・・とカニューレ難民?に陥る事が多くて・・・これで回避できればって思います!頑張ってきますね!
      また詳しく報告します!

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

   
© 2011 花のいっぽ Suffusion theme by Sayontan Sinha