スピーチに交換してから初めての外来でした。

交換したカニューレは、昨日幼稚園で砂埃いっぱい吸ったので、さすがに前回自宅で交換した程綺麗ではありませんでしたが。それでも、通常の汚れ程度、いっちにしたら超綺麗なランクです!
なので、これからは2週間交換にしました!2週間毎、自宅と病院で交換です。

前回気になった気切孔も今回は綺麗で。体制の問題だったのかな?と思われます。スルリと入ってホッとしました。汚れ詰まり入らない・・・など、基本的な部分は全てクリアですね。

あと問題は、寝ているときのSpo2です。
寝ている時は少しでも楽にゆっくり寝かせてあげたいので、今のところはバルブを着けてません。普通に人工鼻で眠っています。
なので、今までのカニューレを使用している状態とさほど変わらないと思うのですが、何故かスピーチを使い始めてから値が下がってしまっているんです。

通常、寝しなはいつも96程度でその後1時間程かけてゆっくりあがっていきます。そして、大抵は100を打ちます。
それが、寝しなは90~94程度までしかあがりません。そして、深夜まであがりません・・・あがってもフラフラ~っと数値が落ち着かなくて。
バルブをつけてそれならば、舌が落ちてしまって・・・とかいう事も考えられるのですが。人工鼻だし・・・先生にも理由がわかりません。

低酸素に慣れているので、それでも苦しがるわけではありませんが。
まぁ、一人高山に置き去りにするわけにはいきませんので、酸素を流して~となりました。

さて、その後はSTです。
バルブをフルで着けているいっちを見て、先生感動してました(^-^)まさかこんな早く着けられるようになるとは思わなかったそうです。私もそうでしたが(^。^)ゞ

練習も頑張りました!文字を書いてそれを口で言うという練習!
勿論、それ程いっぱいできたわけではありませんが、通常のST訓練になってきたかな(^-^)

声はまだ全く出ません。息が漏れるだけです。
先生が見る限りでは、上が細いので息が上がっていかないのと、吐き出す力が無いというのが大きな原因だろうとの事でした。どうも、口でしゃべらず喉あたりで声がでてる感じというか。まぁ~痰もなかなか上げられないような子なのでね~そうなのでしょうね。

あとは、声帯がしっかり閉じたりできていないかもしれないとの事。
きっとそういうのもあるのでしょうねぇ・・・麻痺や左右差があると言われていた声帯だし。きちんと確認できるようになったの最近だし。
まぁ、だからといってどうしようも無い事ですので。いっぱい使って練習するのみです。

『腹筋だぁ~お腹割れるぐらい~!』
って言ってたら、先生に『お腹割れてる小学生は怖い~』って言われました(^。^)ゞ

さて、そんなSTの最中の事。いっちの指先などの話に。

良くここに書くように、いっちさんは手先の動きがとても悪いです。
手、全体を使う物ならば大分上手になってきましたが、指先の動きがダメです。力を入れたりも難しく、ボタンやスイッチがなかなか押せません。

話の流れで、OT訓練の相談しようかなぁ~って少し前に思ってた事を話すと、OT室でいっちに色々な遊びをさせ手の動きをみてくれました!
なるほど、思った以上にやっぱり指先使えてないみたいです。指先だけの作業をせず、手全体でどうにかしようと思っているみたい。

早速、いっちに良さそうなアイテムを探してくれた先生。次回から、STの中でOTもプラスされる事となりました(^-^)
指先が使えればね~文字のボードも押せるし。鉛筆ももっとしっかり持つこともできるようになるでしょうからね~OTといってもSTにもつながりますね♪
というか、何気なく言った事に対して、すぐ対応してくれる先生の仕事の速さ。ありがたいですね~。

  2 Responses to “プチOT”

  1. ありがたいねぇ。。指先の運動、楽しくできるといいね。

    発声は、ゆっくり頑張ろう。。指先の刺激が脳の刺激になって発声のきっかけになったりしないかなぁ。。と期待しております。。いったんの声どんなんだろ・・・ドナルドダッグみたいな声を想像しています。。

  2. 〇 おとめ母さん 〇
    いっちさんの声。今日でましたーーー!
    まだ肉芽のせいか痰のせいかクリアな声では無いのだけれど。
    母もドナルドみたいな声を想像していたんだよね。けど、まだうっすらと一音しか出せないからそこまではつかめないんだよね~。
    OT。いっちは遊び感覚だから楽しいみたいだよ~♪

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

   
© 2011 花のいっぽ Suffusion theme by Sayontan Sinha