IMG_K_0406_mdf今年初の川遊びに行きました♪
物凄く暑い日だったので、唇は真っ青でしたが具合悪くなることなく楽しんで遊べました♪

夏休みに入ってからは、思い出のマーニー観たり、デイサービスのイベントで出かけてたり、私の実家に行ったり、通常の外来や遠い遠い眼科へ行ったりと毎日忙しく楽しく過ごしています。
先週まであまり食べられなかったりと、夏ばてか少しイライラしてたりしましたが。2~3日前から復活。いつもの調子良い夏へとなりました!

本格的な夏休みのイベントはこれから!なんていっても入院無し(予定)の夏ですもんっ!!!生まれて初めて!
楽しめる体力もついたことだし、いっぱい遊ぼう!

宿題やばいなーーー(汗)

 

交流級と支援級の面談でした。
笑いっぱなし(汗)エピソードが面白すぎ(汗)

新しい学年になってから、私は一度も待機や付き添いなどしたことが無く。
どんなクラスの雰囲気で、彼女がどのように交流できているのかなどは見ることはありませんでした。
だからといってそれ程心配はしてはいなかったのですが。心配していないからこそ、深く様子を聞くことが無かったんですよね。

今回面談でよーく聞いて。
まぁ、彼女らしくて笑えるのなんの。

けれど、ほんと、友達にも先生にも彼女は恵まれています。感謝ですね。

ちなみに、Nちゃんとは直ぐに仲直りできました。
今日も休み時間も一緒、帰りも一緒に帰っています。

連絡帳にはNちゃんの字で、
『今日9時からとなりのととろを見るように!』って書いてありました(笑)

 

さすがにこの台風はくるなー・・・
昨日の午後は調子悪くて口きかなくなり、音楽療法でも殆ど座って声物はやりたがらなかったらしい。楽器だけはノリノリだったらしいけれど声を出すのは嫌なようで。気道にきてんだろうね。

今も寝ながらゴーゴーと音が。向きを変えて落ち着いたけれど。

蕁麻疹も週に一度ペースだったのに。そんな微妙な体調のせいか昨日の夕方少し出たなーと思っていたら、今日は夕方からバージョンアップし、久しぶりにボコボコ沢山出た。すっかりなれた蕁麻疹だったけれどさすがにビビリ。慌てて薬を飲ました・・・がなかなかひっこまない。次々出ては消え出ては消え~で、出だしてから3時間越えたぐらいでようやく消えた。

明日、朝6時に暴風警報が出ていたら臨時休校になるとのこと。
どうせなら休んで少しゆっくりしたほうがいいのか?と母は思ったりもするが。
学校大好きだからね~休みたくはないだろうね~。。。

 

IMG_7D_11064_mdfデイサービスで平塚の七夕祭りに連れて行ってもらったいっち。
金魚すくいをしてきました。

2匹持ち帰ったのですが。1匹はストレスからか直ぐにお空に行ってしまいました。とても残念だけれど、残りの1匹は無事に過ごしています。

学校でも金魚を飼っていますし。死んでしまうこともわかってはいますが。
自分で飼う金魚が死んでしまうということは悲しいけれど良い経験なのだと思います。ありがとう金魚さん。

そして、良い経験といえば。

いっちさん、金曜日の帰りに友達のNちゃんと喧嘩しました。
私が見ていないところでのことですし、親があーだこーだ言うことでもありませんし・・・
口を開くといっちを責めてしまいそうなのであれこれ言わないようにしました。

土曜日の朝、目覚めて最初に言った言葉が、

『Nちゃん泣いちゃった』・・・でした。

相当気にしていたのでしょう。初めて、『Nちゃんに電話をかける』と言ってきました。

電話だとすれ違いもあるし、いっちの発音を電話で聞き取るのは無理に等しいことです。Nちゃんがどう考えているかもわかりませんし。だったら手紙を書いたら?と促しました。

今朝、ちらりと様子を見たら、まだNちゃんは怒っているようでした。

どうなってるかな?手紙を渡して上手く謝ることができているといいんだけれど。

子供です。友達と喧嘩なんか当たり前のことだと思います。
けれど、いっちはこうして喧嘩することは初めてです。いっちは明らかに小さく弱い子であるので、同級生は優しくすることやふざけあったり注意することはあっても、怒ることはしません。

Nちゃんは初めて友達として怒ってくれたんです。

直ぐに仲直りできなかったり、口を利けなかったり・・・とかあるかもしれません。自分の子供の頃もそうでしたもん。簡単にはいかないかもしれない。
親としては直ぐにでも仲直りしていつものように・・・と願わずにはいられないけれど。でも、ハンデを持ついっちがこうして友達と喧嘩をできる。そういう対象として一緒にいてくれているNちゃんは素敵で大切な友達なんだと思います。

そんなハンデを乗り越えての二人とは対象に。
親の私は駄目ですねー・・・どうしてもハンデがあるので、『いい子で皆から愛される子でいて欲しい』『相手に嫌な気持ちを持たせるなんてことして欲しくない』そう思ってしまうんです。
勿論、相手が嫌な気持ちにならないようにする気持ちは大切ですが、子供ですから失敗してしまうことだってあるんです。失敗し喧嘩し学んでいくのに・・・『みんな仲良くしてくれているんだから・・・』みたいなことを思ってしまったりするんです。
あーだめだめですねーーーいっちだって普通の女の子なのにね。

 

先日、STの最中に発見されたこと。

いっちさん、舌が左に動かない(汗)!

これかーこれだから発音は勿論、咀嚼も苦手なのかーーーと先生と二人して納得。

歯は歯ぎしり言で過ごしてきたせいで、乳歯はすべて凹凸が無くなり物があまり噛めない状態。レタスとか生の葉っぱものや、ミンチ状以外のお肉とかは噛み切れないので、必ずおえっとなる。そして、舌が片に行かないので食べ物をまとめて飲み込むことが難しい。最近はこつを覚えたのか無くなってきたけれど、2年ぐらい前までは食事中に水分を取ると、コップに口の中に残ってしまったものがでてきてしまっていた。

麻痺では無いので、これは本人の癖というか・・・言葉を使えなかったことによる後遺症みたいなものだろうけれど。

10年過ぎてまだ彼女の知らないことがあったなんて。おっどろき。

ちなみに、『らりるれろ』の練習3ヶ月目突入・・・未だ、『まみむめも』になってしまう。
『らーめん』は『まーめん』
『れもん』は『めもん』
『るーる』は『むーむ』
綺麗に変換してくださること。

練習にぺろぺろキャンディーとか、ぺろぺろキャンディータイプのチョコが良いとのこと。
残念・・・お嬢は両方とも嫌い・・・(涙)

何か良い方法はーと先生とあーだこーだ話していたら。いっちが『ぺろぺろ』キャンディーの話に乗り出して。しかも、上手に『ぺろぺろ』と言えて。

あっ、発見!オノマトペだっ!ってことになり。

『ぺろぺろ』とか、『らんらん』とか、『てれてれ』・・・とかそんなやつでこの1ヶ月練習してみることになりました。
ちなみに、学校の先生にもSTのこうした宿題は協力してもらってます。学校の先生こういうの得意で助かるー。

© 2011 花のいっぽ Suffusion theme by Sayontan Sinha