11月2日は運動会です。
競技やら80m走やら、表現のダンスやらに加え、高学年のソーラン節、加えてダンス部のいっちさんは、全校ダンスの時には前に出て踊る(汗)最後に全校で踊る(汗)踊りいっぱい~とても覚えられない(汗)毎日DVD観て練習してます。

怖いですねーーーまたどんな運動会になるのやら。とりあえず、去年のようにならぬよう、80m走のテープを切る練習はしてくれているようです(汗)運動会経験少ないのでねぇ~思いもよらぬことをしたりするんですわ(汗)

あとは寒さ対策。肌着にヒートテック2枚重ねて体操着。待っている時間もダウンを着せようかと思っています。既に、学校では青くなっているらしく。もう、着られるだけ着せて通わせたほうが良いぐらいになっているみたいなのでね。

さて、兎に角。楽しい一日となりますように。彼女自身が楽しんで参加できますように!

 

昨夜から発熱と嘔吐がはじまりました。
今朝熱は下がったのですが、嘔吐は止まらず・・・このまま止まらないようだと脱水が危ないので、病院へ走ることになるのかなぁ・・・
今週からじんましんやらなんやら。疲れてしまったのでしょうね。

 

IMG_1215_mdfアレルギーは薬で落ち着いているようです。
色々ありますが、情緒的にも良く・・・色々ありますが・・・まぁ・・・今日も叱ったりしちゃうことありましたが・・・まぁ・・・色々ありますが・・・上々ってことで・・・しょうか?色々ありますが・・・←しつこい(汗)

さて、困っていることがひとつ。

それは『爪』

夏に感染した手足口病の影響で、1ヶ月前ぐらいから爪が生え変わってきていて。それも、ほぼ全部の指の爪が(涙)。
でもって、新しい爪が古い爪を半分程押し出した状態になったこの頃。

ひっかかるんですよねぇ~・・・一枚ははがれそうになって、学校で大量出血したらしい(涙)。

で、2枚目は小指。

ぜっんぜん使わない指なくせに、『小指が痛いから~勉強はできないわぁ~』みたいな言い訳したりしてる(怒)。

けど、生えてきて良かった。小指なんて元から殆ど無いような爪、コフィンちゃん指だからね。

写真はムッシュ熊雄。近くのホームセンターに来てた。
『どうぞ~写真うつしてください~』って、営業の人にポーズとか指示されて、やられたい放題だった。

微妙~な、ゆるきゃら。いっちは握手してもらって、しばらく熊雄に夢中だった。

 

朝、学校に行こうと玄関を出たのですが。僅か数歩で一時帰宅となりました。
目の下に蕁麻疹。これだけグロいのは久しぶり。

薬を飲んで~・・・と思ったら、あまりに久しぶりだったもんで在庫チェックを怠っていた。無かった・・・(反省)。
慌てて近所の小児科へ行き、そのまま学校へ行って直ぐに薬を飲ませました。

抜管や肺炎に続き、ただいま運動会の練習で大忙しのいっちさん。
毎晩酸素を流すようにはしていたのですが、別のとこからひょこっと、きちんと体であらわすのですね。正直とでも言いましょうか(涙)

蕁麻疹、出る時は何を食べても発症するいっちさん。そして酷ければ呼吸に影響が出てしまういっちさん。
ただいま、給食後30分を経過~・・・出るならそろそろか~・・・いつでも出動できるように待機です。

 

ご無沙汰しております。
前回の更新からあっという間に半月も経ってしまっておりました。

元気かって?

いやぁーーーむずい(汗)

先週末から少し風邪っぽくなり、熱などは出ないのですが気切孔から噴出し状態。
歩くと咳がでてしまうこともあり、登下校はずーーーっと咳。
それでも、朝は吸入してから出かけるので、学校に着けば落ち着くのですが、
帰りは凄いね。慌てて拡張剤吸入して止めました。

喘息は喘息ですが、まだ眠れてるしご飯も食べられているのでセーフかなといったところ。

学校でもいろいろありました。
昨日は音楽クラブの発表があったり、面談があったり。

クラブの発表は・・・小学校入ってから最悪の発表だったですね。最低な感じ。見に行かなきゃ良かったとも思ったけれど、ここで気が付いたから今後の対策もとれるから良かったのかもしれない・・・って24時間以上経ったからそう思えるだけで、3時間前ぐらい前までは立ち直ろうとする気持ちにはなれなかった。投げやりになりそうなぐらい。

去年には、あらゆることを克服し。発表関係は上手にこなすようになっていたいっち。
それが、まるで後退したかのようになりました。すべて振り出しに戻るみたいに思った。

指導方法が一番彼女が受け入れられない指導方法だったんですよね。無理に決まっている。親の私から言えば『失敗』。
この方法をとる限り、今後の運動会や学習発表会など、すべてぶち壊しになるであろうという状態。

勿論、どんな指導であれできない彼女が悪いのでありますが。

ただ、『出来ないこと』を悪いと思っているのでは無く。『自分で行う』という指導になっていなかったのが許せなかったのです。

『自分で行う』という気持ちに行き着いてないのならば、『嫌がるのを無理やり手取り足取りしてやらせる』のでは無く、『できるところまでを頑張る、それ以上が情緒的な問題でできないのならば、やる資格、権利が無い』という指導を希望しているからです。手取り足取りでは、彼女が発表していることでは無いのですから。
勿論、やらなければいけないことはやらせますが、今回はそういう類のことでは無かったので。

丁度面談だったので。その事をすべて先生に伝えました。

正直、上手く伝えられたか・・・自信はありません・・・
こんなへたくそな文章ですが、まだこのほうが読んで理解できるかも(汗)

けれど少しは伝えられたのか。自分でやらせる方法を考えて見守っていてくださっているようです。

お勉強も大事ですが。親としては、まず自分で行うこと、みんなと同じなんだという気持ちで行動すること。
小さい頃から特別の特別で扱われてきた彼女にとって、とても大切なことなのです。

『みんなと同じだよ。いっちだけ特別じゃ無いんだよ。』

そう良く言います。
地域に入れたのは、それを彼女に理解させるということも大きな理由のひとつでもあります。

© 2011 花のいっぽ Suffusion theme by Sayontan Sinha