夏休み最後の夏期プログラム、太鼓でした。

12組ぐらいの親子での参加。親も子も各1台ずつ太鼓があり、子供と一緒に楽しめます。
いやぁ~楽しい。太鼓楽しい。

子供達もとても集中していました。集中する事が苦手な子や、音に過敏な子も、何故か太鼓だと大丈夫なよう。いっちも集中して楽しんでいました♪

帰りに先生と少し話していて。以前、いっちの音楽療法の様子を発表した時のお話などちらっと聞きました。
音楽療法を始めた頃は殆ど言葉がでなかったいっち。その初回から3回目までの変化を発表したいと春頃お願いされていたのです。勿論、そんなんで誰かの参考になるならば~と即刻OKしたのですが。

やはりいっちのようなケースの子もいるようで。見に来た方がとても参考になったと言っていたとの事でした。

『だってさ。生まれてから全く声帯を震わせず育って、泣く事での練習や喃語も無しに、8歳になっていきなり言葉だもんね。こんなケースはさすがに私も初めてだもん。』と先生。言われてみて『そういえば・・・いっちってそうだった・・・』と改めて気がついた母でした。

ハンデによっては、声も出せるし話す事もある程度できるのに、声帯を上手く使う事が出来なかったりする場合も多く見られるらしいのですが。いっちの場合は、使ってなかったくせにこれだけハンデがあるのに何故か大丈夫で。声帯が確認されたのさえ6歳になってからだったのに(汗)

『まぁ、元々おしゃべりな子だったんだろうね(汗)』と先生と二人笑うしか無かった。声が無くてもうるさいぐらいの子だったからね(汗)

ちなみに、今のいっちは単語のみからは少し抜け出し、多少なりと文になってきたところです。
『ママ~おうちかえろ』とかね。←入院の時毎日必ず言われた言葉・・・(涙)
けどね、外ではあまり話さないんだな~言葉で誰かに伝えようって気持ちが薄い。簡単な単語にジェスチャーをつけてあまりしゃべらないで済むようにしたりする。まだ自信が無いのだろうね。

さて、来週から学校。夏休みの大部分を入院でとられちゃったからね。ぎりぎりまで遊ぶぞっ!

© 2011 花のいっぽ Suffusion theme by Sayontan Sinha