夏休みに入り。あーちゃん家に行ったり、お友達と遊んだりしてます。
昨日はプールに行き、偶然にも去年プールでばったり会ったお友達にまたもや遭遇!運命を感じましたね。

あっという間に日々すぎて行きます・・・
というのはそんな日ばかりで。何も無い日が・・・困ったさんです(汗)

去年の夏は水疱瘡やら、体力不足などでなんだかんだ元気が無くだったのですが。
今年はね~おかげさまで元気いっぱいなのですよ。遊ぼうぜWAVEが朝から押し寄せてきて・・・だからって、そんな遊びに付き合っていられません。
しかも、なんだかプチ反抗期。扱いにくいお年頃なのですよ。

まぁね。そんな言っても入院が近いので。
それまでに、少しでも多く、今年の夏休みの思い出を作ってあげたいなと思います。
あそばなきゃ♪

 

今日で3年生の第一ラウンドが終了しました。

3年生になって、“学校に行かない!”という時期が突然やってきて、あんなに朝が得意だったいっちが、全く起きなくなってしまって。
いったいいつ抜け出すのだろう・・・なんて心配する日々が続きましたが。浮き沈みはあるものの、今はだいぶ落ち着きました。

3年生になっわずか4ヶ月ではありますが、成長はとてもしたと思います。
一人で交流に行くことがもあったり、積極的に交流級に参加していたり。昨年度から比べるととても凄い成長だと思います。

先日、交流級の面談がありました。
どんな事を言われるのか・・・何かしでかしてないか・・・っと、心配していましたが。
注意されるような事は全くありませんでした。いや・・・本当はあるのだと思うのですが(汗)。そんな事よりももっと大事な事・・・というように先生が色々お話して下さいました。

1年生の時から(2年生は入院であまりかかわれなかったのですが・・・涙)、交流級の先生にとても恵まれているいっち。1年生の時は、クラスの一員として扱う事を積極的に先生がやってくれて。そのおかげで友達関係に恵まれている今があるのですが。当時はまだ、“学校やお友達に慣れる”というところだったので、面談などでは、当たり前ですが、“その時”、“今”の話しで精一杯でした。

それが3年生になって。いっちのこの先の事、これからの事が話しに出ました。
『いつまでも小学生でいられるわけじゃ無いので、いっちゃんのこれからにつながる何かをきちんと引き出してあげなくてはならない。それはいっちゃんだけで無く、どんな子でもそうで。手をかけてあげなければ引き出してあげられないから。今、それが何かな・・・?って探っていて・・・』と。

今後の事を話した先生は初めてです。ちょっとぐっときてしまいました。

いっちの性格もきっちりと把握してくださっていて・・・
案の定・・・クラスでも気の強さをきっちりと発揮しているようです(汗)

さて、お勉強ですが。
相変わらず・・・亀の歩みですが(汗)それでも、苦手な算数に取り組めるようになってきました。

今日でプレハブ校舎とはお別れです。夏休み明けには新しい校舎に。
しばらく新しさにうきうきわくわくで落ち着かなくなるんだろうなぁ~(汗)
しかも、教室がオープンスタイル・・・大丈夫かぁ・・・お姉さん・・・(汗)

 

一年生の時に作った浴衣。

1年生の時は調子が悪く着る機会が無し。

2年生の時・・・・・も同じく。

今年は入院前に・・・着られるか?な?

けれど、さすがにつんつるてんだ。
あげ直ししなきゃな・・・。

更新滞っていますが(汗)いっちさんは元気です。
今年初のプール行ったり、夜お友達と外で食事して遊んだり。母の仕事に付き合ったり。

学校では、お楽しみ会の司会を務めたり(勿論声で)!
一時期登校渋りがあったけれど、今は順調に通っています。

 

『いっちゃんさ、次の外来の時に入院しちゃおう。』

???????????????????????????????????????????????????

って事で8月8日より入院となりました。

あっ、なんでか?よね。説明ね。

マニアックなお話になってしまうので、分けわからない文面にはなりますが(汗)
お暇な人は読んでね↓

いっちさん、夏に入院しようか?って話しが随分前にありました。
年に一度の気管支鏡の検査に加え、穴空きカニューレをもっと細くしてしまおうと(メラだと3.0が限界)。

しかし、もっと細くした場合8frの先折れカテが入らなくなる。しかし、6.5frだとそんな特殊なカテが無い。
なので、スピーチでは無く通常のカニューレを入れる事となる。でもって、リークだけで頑張らせる事に。ちなみに、そのほうが自力での呼吸の範囲が広がるので、鍛えられ、特に喉頭の形成が悪いいっちには今後を考えると良い事ではある。
しかし、粘着性のいっちの痰だと、3.0の普通のカニューレだと必ず詰まる。3.5でも詰まったから。
けれど、3.0mmを短くしたならばきっと詰まりにくくなるだろう・・・閉塞を回避できるかもしれない・・・

ってな話しにその頃なってました。

が、またもや新たにいっちの特注カニューレのラインを引いてもらう事になる。わざわざそこまでする必要が今あるか?
作っても大丈夫かとは言い切れないし・・・

『まぁ~いっちゃん、抜管前提じゃないから今年はいいかぁ~』
S先生のサラリと発した素敵過ぎる言葉(涙)苦笑いするしかなかった母(汗)

ってことで、今年はいっぱい遊んでやるーーー!モードにすっかりなっていました。

ところが・・・できたのです・・・開発されたのです・・・新しいカニューレが。

とても柔らかく、刺激が最小限に抑えられ、過敏ないっちさんには最適では?と。
気切孔確保という意味合いの強くなってきた、いっちのカニューレ。ならば、もっともっと細くして、自分の気道だけで頑張らせるようにもっていけば、いざ抜くという時にも(←あるのか?)スムーズにもっていけるだろうからと。

あぁ・・・自分でも書いてて説明がむずくなってきた。

えっと・・・新しい開発されたカニューレは、2.5mmからあって、今までに無いぐらい気管に優しい物になったそうなのです。
形としてはシャイリーのようなのですが、チューブの作りは全然違う。

あぁ・・・こんなカニューレ一年前のあの苦しい時に欲しかった・・・

けれど、医療はどんどん発展しているのですね。こうして新しい物が出てくるとは。

勿論、いっちに合うかどうかはやってみなければわかりません。
いっちの場合、簡単にサイズや形変更ができるわけではないので、一応、2週間リカバリーをキープしてくれています。

突然の予定変更ですが。まぁ、夏休みとかじゃないとこんな事できませんのでね。
どうか上手くいきますように。

そして・・・それまで遊ぶぞーーー!

 

ご心配おかけしました。いっちさん復活しました!

以前麻痺性イレウスをやったことがあるいっち。今回のこのお腹のカチコチ具合と、痛みや吐き気での暴れ方など重なる部分があり、また?と思ったりもしましたが。無事に腸さん動いてくれました。

救命にて診察してくれた先生。この4月から小児科の先生が沢山移動してしまったせいか、お会いするのが初めての先生。

『カルテチェックしますね・・・』

慎重な先生だからか?いっちさんのエピソードがありすぎだからか?そこからが長かった(汗)。

まぁ、お腹となるとアレルギーとかすべて関係してくるし・・・不思議ちゃんだしね。

ちなみに、以前の麻痺性イレウスの時は勿論入院。4~5日してようやく治ったかと思ったら、血糖でひっかかり・・・不思議ちゃん街道まっしぐらとなった院でした。しばらくは外来で採血が続いたっけ・・・。

今回は無事乗り切れてよかったです。強くなったね。

 

深夜の救命入りでした。
お昼頃からお腹がやたらと張っていて。おかしいな?とは思っていたのですが。
39度を超え、ちょっとお腹をこわし、嘔吐が止まらず。
お腹がかちこちに硬くなり、苦しがり・・・腸だと怖いなと思って。
幸い、救命に入って直ぐ落ち着き。レントゲンを写し、吐き気止めの座薬をもらって朝方4時ぐらいに帰宅しました。
今朝、38度2分まで落ち着きました。まだ上がったり下がったりのようですが。
水分は微妙にとれてます。とれなくなったら点滴で病院入りになってしまうので・・・お願い乗り越えて。

© 2011 花のいっぽ Suffusion theme by Sayontan Sinha