昨日、教育委員会のUさんが学校にやってきました。

これは大変と、今日、ボランティアのKさんが交通安全教室のお手伝いで学校に来ている間に、自転車で病院までかっとばしてきました。『意見書』のお願いに。

いよいよ、6月からの学校での訪看さんの医療ケア準備です。週1回90分ってやつです。
主治医に意見書を書いてもらわなければならなくて。といっても・・・Uさん持ってくるの遅い・・・通常、診断書とか指示書とか2~3週間かかるのよぉ~(汗)
『急ぎですみません!』と先生にメモをつけて受付にお願いし。4時間目の校外授業へ間に合うよう大急ぎで学校へ。

さて、4時間目は社会科で学校近くの公園まで行きました。1時間なので吸引は無いだろうと、アンビューとカテとカニューレだけ持って、一緒にお散歩感覚ででかけました。ぽかぽかとして気持ちよかった。 

いっちは、Aちゃんと手をつないで一緒に並んで歩いて。先生の話もちゃんと聞いて、公園で小さい子が遊ぶ中、遊具などの誘惑にも負けずにきちんと授業に参加していました。

最後に、『うぅ~ん・・・時間が無いけど・・・2分だけ遊んでよしっ!』という先生の声と共に、散らばる子ども達。Aちゃんが、『いっちゃん!あそぶぞっ!』の掛け声と共に走り出す二人♪本当に仲良しだ。 

けど、ちょっと心配・・・2分で切り上げるなんていっちに無理かも。『もっと遊びたい!』って言う事をきかなくなるのでは?と。

しかし・・・驚き!きちんと2分で切り上げて整列し、そのままみんなと学校へ並んで帰りました!
凄すぎる・・・その成長!っていうか、このクラスだからこそ、N先生だからこそできてるんだと思う。いつでもどこでもこれが出来る子になって欲しいわ・・・そう願う・・・

まぁね。今日たまたま出来ただけで、また出来ない日もきっと来るだろうし。
調子がちょっと崩れたらもうできないしね。
まっ、あせらず、できるものだと決め付けず、大きな気持ちで見守りましょう。

4月 242012
 

交流級の家庭訪問の後、個別クラスの家庭訪問でした。

交流級は玄関でのお話になりますが、個別級の先生すべてがいらっしゃり(4人)予定では30分程となっています。予定ではなのでね。うちは最後だった事もあり、軽くオーバーしてました(汗)

最初は、親が提出した年間計画表をもとにして進めます。
身の回りの事から、学習まですべての項目をチェックするのですが。つい2週間程前に提出したばかりの目標の大半がクリアできていました。一花さん3年生になってから彼女なりに落ち着いたのですよね。私の目標レベルが低すぎたのか・・・?

勿論、彼女なりに落ち着いたというだけで、出来てない部分は沢山ありますが。相変わらず、個別級では『いっちゃんっ!!!』って、いっちの叱られてる声が一番目立つし(汗)というか、それが殆どだし(汗)

一番の進歩がお勉強に取り組む姿勢。『休み時間終わりだよ~』の声に、一番先に席に着いてお勉強準備にかかるのです。そして、かなり集中してお勉強をするとの事。

私も時々様子を見るのだけれど、いつも席に座って取り組んでいて。きっとね、1年生が入ってきた影響が強いのだと思います。お勉強するのがお姉ちゃんという感じなのかと。

学力的にはまだそれ程効果は見られませんが、これだけ取り組むのならば少しずつでも伸びてくれるかな?そんな感じです。

ダメなのが個別で行う朝の会。これ、元々苦手だったのですが、相変わらずのようで。
う~ん・・・もうちょっと頑張ってもらいたいものです。

生活面でも、かなりクリアできていました。
意思の伝え方や人とのかかわり方なども、言葉や手で表現してきちんと伝えるそうです。先生だけでなく、お友達にも言葉で伝えているそう。進歩しましたね。

交流級の様子もそうで。フラフラせず、きちんと席に座っている事が多いそう。

先生の、『なんだかすっかり落ち着いてしまいました』のコメントがうけました(笑)

そんな様子なので。年間計画の後は、お勉強の話しになりました。
少し相談すると、これはどうだろう?あれはどうだろう?と意見を出してくれて。
なんだか・・・こんなに充実した家庭訪問は初めてです。ようやく、いっちがそのレベルになったのかという事もあるし、個別の先生達の雰囲気も今年はとても良いという事があると思う。

いっちは、先生達が来たら、『お勉強するっ!』って机で漢字の練習してました(笑)。
先生=お勉強・・・やっと彼女の中でそうなったのでしょう。おそっ・・・(汗)

4月 242012
 

昨日は交流級と個別級の家庭訪問がありました。

まずは、交流級のN先生がいらっしゃいました。
一花が入学した頃からいらっしゃった先生で、ベテランで高学年を主に見ていた女の先生です。
N先生自身も、『うわぁ~3年生!』って声を上げてしまった程だったらしいです。

厳しい先生と噂では聞いていて。一花にとってはとても良い先生だ!って思ってはいたのですが。
反面、一花なんてきっと先生の授業には交われず、折角良い先生でも交流は無理な部分が多いのだろう・・・なんて思っていて。まぁ、それはそれで年々無理も出てくるし仕方の無い事・・・なんて思ってもいたのですが。

あれれ?一人で交流に行ったりしている?大丈夫?ってな事があり。
待機室での母、一人ハラハラドキドキの45分を過ごすも、個別の先生からの連絡帳には、『きちんと一人交流できてました!』とか書かれていて。

そんな事が何度か続いていたのですが。
一人交流が出来ていた理由がちょっとわかったのが、先日の体育。

N先生、指導に勢いがあるんです。一花もそうですが、他の子ども達もN先生の勢いに飲み込まれて自然と授業をきっちりとこなすんです。凄い先生だなーと尊敬して見入ってしまいました。

不特定多数に対しての投げかけには一切振り向かない一花だったのに、N先生がクラス全員に発する指示を、きちんとN先生の顔を見て話を聞いているんです。そして、みんなと一緒にきちんと参加!
整列もきちんとこなし、右向け右とかも列を乱さずきちんとこなして。時々、人より多く回転しちゃったり、反対回りしちゃったりはあるもののきちんと頑張っていました。見事にN先生に飲み込まれた感じ。 

そして一番のポイント。N先生は個別だからって一花の事は特別視しません。クラススの一人として、出来ようが出来なかろうが普通に授業を進めます。
それにより、一花も必死でついていこうとするのだと思います。

そんな体育での様子を見て、一人交流の時も、出来ないながらも飲み込まれているのだろうなって少し思いました。

さて、そんなN先生の家庭訪問。

『どんどんいらっしゃい。固定の音楽と図書とかでなければ、どうにでもなるんだから!』と、個別のS先生に言っているそうです。凄すぎる・・・先生としての器の大きさに驚き!
『特別視しないから。出来なくてもどんどんやっていくし普通に注意するし。能力のある子だと思っているから、なんでもやらせます!』と。
『体的にそれは・・・って時はドクターストップじゃないけれど、お母さんどんどん言ってくださいね!この間の鉄棒もビックリしちゃって!やるっ!って頑張るから』と。

特別視しないけれど、きちんと見ていて。給食の事とかも様子を伝えてくれて。
うわぁ~かなわない~さすが~って思っちゃいました。

そして、一花の事。初めて受け持つからわからない事だらけだけれど、子ども達が凄く良くわかっているそう。子ども達に教わると言ってました。
親友Aちゃんがいるので、そこらへんのフォローは勿論ばっちりだし、人数の少ない学年なので、みんな良く理解してくれいてるんです。特に、今年はクラスのメンバーにも恵まれました。

なんだかとても良い状態・・・安心の一年、頑張れって背中を押せる一年になりそうです。

さて、その後は個別の家庭訪問でしたが。長くなりましたのでまた後で。

 

バタバタが続き更新が滞っておりますが。元気にしています。
調子もやっと落ち着きました。良い感じです。
春をこのまま乗り越えて、夏までまっしぐらと願いたいところですが。梅雨がありますからね・・・無理ってもんで。

さて、先週は支援級の懇談会がありました。

一人ひとり自己紹介や年間予定やら、あれやこれやの希望やら。あっという間に時間が過ぎました。

ここ2年・・・特に去年はゴタゴタが続き、どんよりとした空気が流れていましたが。
昨年度の反省として、親もしっかり言う事は言おう!聞く事は聞こう!風通しの良い個別級にしようよ!そんな努力を親もし始めています。

つい、子どもをお願いしてるし・・・って思って口を閉ざしてしまうんですよね。親って。
けどね、とても信頼できる先生達。素直に向き合って行けば大丈夫だと思えるので。遠慮せずに意見を言い、ずけずけと先生の意見を聞き、お願いし、協力と感謝を忘れずにやっていけたらと思います。

さて、明日は交流級と個別の家庭訪問~それから音楽療法~ばったばたやん~

 

毎日の給食の介助があったり、懇談会があったり、友人にベビが生まれて、昼からお祝いしてたら夜まで飲み続けちゃったり・・・など、毎日があっという間に過ぎて行きます。

いっちは1週間ぐらい前から、毎日のようにこげ茶の痰の塊が引け、『カニューレ交換したい』と思いつつもなんとかこなしています。今日やっと病院、交換だ~!

さて、昨日と今日、いっちの個別の先生が忌引きでお休みの為、いっちにはボラさんがついていてくれています。
先生のように・・・とはいかないので、吸引に呼んだり、トイレに行っておくように声をかけたり・・・などありますが、ぼちぼちこなせているようです。というか、ありがたいです・・・ボラさん・・・頑張ってくれていて感謝です。

言葉で意思表示が上手くいかない、サインも伝えきれないという彼女なので、彼女なりに苦労しているようで。ちょっと上手く行かず本をわざと落としちゃったり、勉強が始まっても席に着かず、他の先生に怒られちゃったりしていますが。
そこを乗り越えようぜ3年生!頑張れ!と、その態度にイライラしたりしないよう、なるべく流すよう母は心がけてます。

言語がね。頭の中の単語がグングン増えているのに、発音が追い付かない為余計に相手に聞き取ってもらえない事が増えているんですよね。親の私もそうで、前はこの発音ならばこの事だと理解できていたのに、さっぱりわからないなんて事が凄く増えていて。

難しいとこきましたね。。。

今日はSTがあるので、ちょっと気合を入れて取り組み方など学習してこなければ・・・親がね。

 

給食が始まりました。
通常は週5日のうち3日が交流級、2日が個別級にて給食となるのですが、今年から
最初の1週間は個別級にて給食になりました。

摂食に注意が必要な場合、通常も(先生が代わる場合など)最初のうちは親が学校に行ったりするのですが。今年から、もっと先生達に余裕をもって、色々な子供達の食べ方を知って貰おうと、ある程度の期間を設けたのです。これは昨年度末の話し合いで先生と保護者とで決めました。

『今日担任の先生が他の学年の付き添いでいない・・大丈夫かな・・・心配・・・』
そんなところを少しでも減らそうと。
勿論、必要ならば親が行くのですが、親が行くまでも無いけれど・・・とかそんな時にね、先生達が知っている事で少しでも安全、安心を増やそうと。

命に係わる事なので食べせるのはとても大変で。先生達もとても神経を使います。自分も食べながら指導しながらとなるので、余裕は無いです。それを、親がしばらく入る事で、少しでも担当以外の子の摂食を見る事ができたらと。

いっちさん、きちんと食べてました。
おかずを食べさせるのにあれだけ苦労していたのに、きちんと完全食し。配膳や片づけなどもしっかりできるようになっていて驚きました。積み重ねって大事ね。

さて、最近バタバタで写真を写すなんて考えさえも浮かばない状況。けど、文字だけの日記が続くのは寂しいので少し前の写真を。

春休みにシーパラに行った時の写真。
いるかさんと交信中~

 

順調に3年生の生活を過ごして・・・います?かな?
始業式の翌日から微妙に心が不安定で。けれど、学校での様子はそうでも無いらしくで。

頑張っているんだと思います。新しい環境をこなそうと。で、その反動が家族に向けられる。

けどね、これが進歩です。
今までは集団の中で頑張れず、家に帰って落ち着くというところだったから。

個別級に1年生が3人。いっちよりはみなさん上に見えますが(汗)身も心も(汗)
けれどね、自分のほうが上だからって頑張ろうとは思っているみたい。個別級の子のママに、『いっちゃん一生懸命世話を焼いてる』って言われました。
お世話好きの子なのでね。この環境は良いのかもしれません。

とはいえ、この環境に慣れた頃、緊張がほどけて頑張れなくなる事もあるかもしれませんのでね。
あまりそこばかり意識させず、プレッシャーをかけず、自然にこの環境がプラスになるようにと心がけてと思います。そして、のびのびと彼女らしく成長していただけたらと思います。

個別担任のS先生は、『がんがん言っちゃってます(汗)』だそうです(笑)
『M先生より厳しい』って他の子に言われているらしいです(笑)
入学した時から知っているS先生、信頼していますからね。S先生のやり方、S先生らしいやりかたでどんどんやっていって欲しいと思っています。

さて、そんないっちさん、頑張りました!
『前回り!』

いっちの胸の高さぐらいの、低い低い鉄棒なのですが。
いっちさん、腕の力がありませんでして。回る回らない以前に、ジャンプして鉄棒に上がる力が無いのでした。
いつも介助して回っていたのですが、あと少しってとこまできたので特訓!ゆっくりですが上がって自分で回るまで出来るようになりました!

しかし、特訓しすぎたか?
お腹のところに鉄棒の痕・・・痣が・・・(汗)
あ・・・子供の頃自分もこんなだった記憶が・・・

スパルタ過ぎました・・・(汗)

 

新年度が始まりました。

今年初めて個別の先生が変わる事となるいっち。
又、新1年生が3人加わるとの事もあり、個別のお母さん達はとてもとても心配していましたが。
校長先生や他の先生からの配慮でしょう、とても安心できる体制へとしてくださいました。
生徒数に対して、この先生の数というのは決まりとはいえ苦しいものはありますが。先生方なら乗り越えてくれそうです。

いっちの個別の担任の先生は、前年度は違う子の担任だった女の先生。若くてフットワークが軽く、他の児童をみながらもいっちの事も良くみてくださっていた先生なので安心です。

そして、いっちにとってもっとも幸せな事が。

仲良しAちゃんと同じクラスになれました♪
二人ともとても嬉しそうです♪

貰ったクラスの発表の用紙を、いっちがどこへやら置いてきてしまった?落としてきた?ので、きちんとはわからないのですが。クラスのメンバーの顔ぶれを見ると、知った顔が多く、いっちにとっては安心できるメンバーのようです。良かった。
学年の人数が少ないので、一緒になって3年目というお友達もいます。小さい学校の安心なところですね。

そして、担任の先生はとてもベテランの先生でした。
厳しいけれど、とても良い先生と評判。『いっちゃんには合ってるよー!』と、他のママ達は言われます。大丈夫だろうか・・・叱られてばかりなんてなりませんように・・・(汗)

さぁ新年度。また私も付き添いの忙しい日々に戻ります。
6月からは医療的ケアの制度がスタートします。週に1度90分という僅かな時間ではありますが、まずはここからしっかりと制度を固めて、そして広げていかないとなと思っています。
頑張ります!

4月 012012
 

ずっとずっと行きたいと言われていた、動物園へと行ってきました!
1~2ヶ月前ぐらいから行きたいと言われていたのですが。調子がずっといまいちで、広い園内を歩くのはとても無理なので、調子が上がるのを待っていたのです。

9時半開園に間に合うように出かけ、3時半まで、広い広い動物園、殆どを見て回りました!
しかも、いっちさん・・・

すべて自力歩行!!!凄いっ!

地図を見ながら、『次はあれ』『今はここ』とチェックしながら、笑顔いっぱい♪
カタカナまでしっかりと読めるようになったので、地図がとても楽しいみたい。

ライオンバス(ライオンの近くをバスで通ります)にもきちんと並んで待つ事もできたり、飼育員さんが持っていたうさぎにも、怖がらずやさしくなでたりできてました。
言葉も増えているので、動物を見ながらの会話も増え。成長したなぁ~って思いました。

飽きるまでじっくり見せてあげたい・・・・そう思っていたのが実現できました。本人の体力などの問題でなかなか出来なかったからね。

帰ってからもずっと動物園の地図を見て色々話してます♪相当楽しかったようです♪

© 2011 花のいっぽ Suffusion theme by Sayontan Sinha