一昔前っぽいね。このタイトル(汗)

ようやくやってきたのです。新しいオーダーのカニューレ♪

さて、カニューレをパッケージから出して・・・あれっ?みじかっ!

新生児用よりもさらに短くなってました。作る工程でどうしても長さに有る程度の誤差が出てしまうんですよね。いっちの場合、3.5mmの新生児用より長くは出来ないので短くするしか無い。

そして、問題のカーブですが。
あまりに短くカットしたので、パッケージ越しに見る新生児用と変わらない(汗)

実物と比べてみよう!

と、カニューレを抜いて比べてみました。
やっぱりカーブの違いがわからない(汗)

う~ん・・・どうだろう・・・長さが変わったから大丈夫かなぁ・・・

いっちは、久しぶりにスピーチの呼吸になりました。音が若干変わるんですよね。
Spo2が安定しやすいかな?本人的にも交換したばかりというのもあるのだけれど、楽そうにも見えます。

問題は・・・吸引・・・(涙)

まず、挿入前にあれこれ試したのですが。通常の8フレは穴にひっかかりダメで。
先折れのカテーテルを上に向けて挿入すれば入るという事がわかったのですが。実際入れてみると・・・それも入らない・・・(汗)

結局、カニューレの先端を少し上に上げ、先折れのカテを下に向けて挿入すると入る事がわかりました。
以前は、同じように先端を上げていたものの、通常の8フレが挿入できていたんですよね。できればシャーウッドの先折れタイプよりテルモのほうがソフトだから気道にやさしいしね・・・そちらにしたいんだけれど・・・

とりあえず、こちらで日常生活がどのぐらい回復しているかチェックして。金曜日に気管支鏡であたっていないかとかをチェックする予定となりました。

そこでクリアとなれば、週末に外泊してみようかという話になりました。

ここ2~3日とっても調子が良いし、この細くて短いスピーチならば負担も減るかな・・・行ける気がするのだけれど。どうか上手くいきますように!

さて、今日は前髪を切りました♪
本人的には後ろもカットして欲しいらしいのですが・・・女の子計画中なので我慢してもらいました(汗)

 

8年前の今日いっちは生まれました。
37週6日
身長41cm
体重1998g

2歳になる頃は6kg・・・3歳になる頃にようやく8kg・・・
ゆっくりゆっくりだったけれど。

8歳になり。こんなに大きくなりました。
身長106cm
体重16kg

もっともっと大きくなろう!いっぱい楽しい事しよう!
お勉強は・・・元気だったらまぁいっか・・・けど、ちょっとだけ頑張ってね。

院内では看護師さん、保母さん、助手さん、クラークさん。
院内学級でもお誕生日のお祝いをしてもらいました。

嬉しくて嬉しくて、一日中テンションの高かったいっちです♪
調子もとても良く、良い誕生日になりました♪

今年のプレゼントは『デジカメ』。
大喜びです♪

母からワンピとカーデガンも追加しました。女の子計画中なんで(汗)
凄く喜んでくれてました。着せるのが楽しみです。

 

このところバタバタとしていたせいか。
昨日、手作り市での出店が終わったとたんダウンしてしまった母です。
メールいただいたりしているのですが、すみません、必ずお返事はしますのでもう少しお待ちくださいね(汗)

明日には絶対に元気に復活しなくては!と、一昨日帰ってから今日一日ずっとずっと休みました。両日とも面会はパパにお願いして。おかげで元気に復活!良かったです♪

いっちさんは元気だそうです。
カニューレに痰がへばりついてしまったりしているようですが、痰は引ける状態だし色も悪くないようです。

金曜日の嚥下の検査も無事こなせました。
検査にならないといけないので、いっちの好んで食べるもので検査。
ヨーグルトは問題無くクリア。白飯も一応クリアです。

一応・・・微妙な表現ですが(汗)
というのも、実は飲み込む前に溜まってしまうところがあるらしく(汗)

食道と気管の分かれる手前に、左右にくぼんでいる場所が人間あるらしいのですが。
そこに一度溜まってしまうそう。その後、牛乳を飲ませたら綺麗に流れ込むらしいのです。

『おじいちゃんやおばあちゃんに多いんだけれど・・・』だそうです(汗)

御飯溜め込む場所があったり、痰を溜め込む場所があったり・・・なんだかんだ溜め込む子だわね(謎)

さて、話は変わりまして。
待ちに待ったオーダーカニューレが今週届きます!予定では水曜日には交換する事となりそうです!
それで大丈夫か様子をしばらくみてから退院となる予定。

スピーチの穴が開く事、チューブの角度が変わる事で今の状態から抜け出せるのか・・・は、やってみなくてはわかりません。
もし、どうしてもダメならばレティナへの変更も考えられます。が、それはそれでまた大変な事となるので・・・どうかスピーチで帰れる状態になって欲しい・・・

そして、明日誕生日ないっち。
『お誕生日写真とろうね~』と主治医。
骨形成に問題があるのでこれからはお誕生日をめどにレントゲンをとっていこうと(笑)

主治医が春には産休に入ってしまうのと、小児科の先生が年明けには移動かも?なんて話も出ていたり。
コフィンちゃんの事でも調べてもらう機関がまた見つかったり・・・と、なんだかいっち周りがまたわさわさと動き始めました。
そんなわさわさでスタートの8歳となりそうです。

 

いっちの胃腸風邪?なのか?
それ程悪化する事無くだったので、火曜日の夜からおかゆが始まり、水曜日には感染予防のガウンも解除となりました。

昨日には元気が出だし、ほっとしたものの。カニューレ完全閉鎖という驚きの出来事に見舞われ・・・なんて事もありましたが(汗)今日には院内学級に行けるまで元気いっぱいになりました。

『学校さぁ・・・いいけど、いっちじっとしてられないでしょ?』
動いちゃってミストを浴びて無いなんてなったら、昨日みたいにまた詰まるよって意味で看護師さんがいっちに言ったらしいのですが。
『バギー(バギーに座ってミスト浴びるから)』って答えたらしいです。良くわかってらっしゃる。

お勉強は凄く頑張ってしていたそうです。午前中の授業が終わってからも、ベッドで学校の教材、作業療法みたいなパズルをずっとしていたそうです。たまに休ませるのもやる気が出ていいのかも(汗)

さて、明日、嚥下の造影を行います。

できたらですが(汗)

3歳の時にやろうとしたら、『わけわからない薬なんか混ぜた御飯食べられるかーーー!』って激怒してほとんどできずだったので(汗)今回はどうなる事やら。

 

ようやくご機嫌な様子が見れた昨日。
今日は散歩できるかなぁ~気温が下がったから無理かなぁ~
・・・なんて思いながら病院へ。

リカバリーに入ると・・・いっちのベッドが無い・・・
あれっ?と思い反対側を見ると・・・離れ小島にいっちのベッドが・・・
水色のビニールのガウン着た保母さんに抱っこされて・・・

深夜より嘔吐が始まり。非常に高い熱(39度超え)が出たそうです。お腹もゆるめだそう。

血痰が出てるので高熱と嘔吐は喉の炎症って事も充分ありえ、お腹がゆるめなのは抗生剤飲んでいるので普通の事ではあるのだけれど。他で胃腸風邪が流行っているらしく、それを貰った可能性もあるので、念のためガウンなどで対策をとっています。勿論私も。

採血したけどね、結局良くわからずで。
炎症も元々あるし・・・体が弱ってるから貰いやすいし。

とりあえず、座薬を入れ、即効でルートが取られたそうです。
ただでさえ痰が硬いのにこれで熱だと完全詰まりますからね。

『すみません、右手で(汗)』と先生。
いいんです、こんな時は入ればどこだって。

とりあえず、今日は食事も無し。水とお茶だけになりました。

私が行った時はかなり落ち着いていて。
熱も37度台になり、力が出ないのか穏やかに過ごしていました。
夕方から38度になりなのでまた上がるのかな?

元気かと思ったら翌日には急降下。
何度も何度も繰り返す。
いっちらしいというか・・・早く抜け出したいね・・・

 

木曜日の閉塞から悪かったです。
金曜日には痰の色が凄い事となり、昨日変えたカニューレもまた閉塞気味となり呼吸の音も悪かったです。
ただ、熱などは出ずなので学校前には吸入、帰ってきては吸入して眼科(定期受診でした)に出かけ、帰ってきてまた直ぐ吸入をするなどして乗り越えました。
土曜日にはさらに酷くなっていて、痰で一瞬呼吸が出来なくなる状態があったり、呼吸を頑張りすぎて息をごくごく呑んでいたり。

ゆっくりお風呂に入れて。加湿加湿と頑張って。

なんとか日曜日には吸引が微妙にしやすくなりました。
機嫌も良くなり、病院につくとハグしてくるぐらいとてもとても機嫌が良くなりました。こんな機嫌が良いのは久しぶり・・・ずっとしんどかったんだよね・・・良かったねぇ・・・少し楽になれて・・・

が、血痰がぁぁぁぁぁ(涙)
また繰り返し(涙)

土曜日から抗生剤を飲んでいます。
点滴からじゃないのでどのぐらいどうかわからないけれど・・・とにかく一度でいいから落ち着いた状態に戻したいです。

入院生活も2ヶ月が経ちました。
来週の誕生日も・・・病院だね(涙)

さて、血痰はあるし呼吸状況が良いとは決して言えないけれど。本人的には随分楽にはなっているようなので、院内散歩を楽しみました。
学園祭のコンサートが院内であったりしたので、それを聞いたり、鳥と遊んだり。良い気分転換になったと思います。

写真は、いっちゃん女の子計画♪
どこで道を外れてしまったのか・・・可愛い服がどんどん似合わなくなってきてしまっていて(涙)花柄のワンピースとか噴出しちゃう程に合わなくなって。どこで道間違ったんだろう・・・(汗)
これじゃいかんやろって事で軌道修正。もう少し、女の子ちゃんらしくしてあげようと思って頑張り始めた母です。

 

病院に行く前に学校に書類を届けに。
教頭先生など何人かの先生に現状を簡単に説明。

『元気にはなっているし、散歩などして日常生活が大丈夫かなど気晴らしも兼ねてみてます~・・・』

なんてあれこれ報告。

そして、自転車でかっとんで病院へ。

リカバリーに入ると・・・

『今大変な事になってます(汗)』と看護師さん。

大変な事・・・またうちの娘が嫌がったりわがままいったりしてるんじゃ・・・
などと一瞬思いましたが。いや、本当に具合が悪かったそうで大変な状態だったそうです(涙)

朝は大丈夫だったらしいのですが、お昼頃から突然機嫌が悪くなり。お昼もヨーグルトをなんとか食べさせたような状況・・・調子が悪いのか?と思ってリカバリーに戻した頃から呼吸音が物凄い事となり、リカバリーの一番奥のベッドに居るにもかかわらず、廊下までその音が聞こえるような状況で。

痰は引けないしどんどん苦しくて機嫌が悪くなるし、レート上がるしSpo2下がるし・・・とりあえず先生を呼んでカニューレを交換。

が、交換したカニューレは綺麗・・・呼吸音は全く変わらず(涙)

カニューレよか上の事かもしれないと、念のため鼻から吸引してみるのものやっぱり痰は無く。

生食は苦しいから嫌がったらしく、インタールとベネトリンの吸入をしながら痰をとってまた吸入して痰をとって・・・と繰り返し。気道にあった緑色の塊をいくつか引き・・・いつしか黄色くなり・・・やっとやっと落ち着いてきたところだったそうです。

呼吸が苦しくエアを吐くなどもあったらしく、疲れ果てたいっちはその後爆睡。1時間半も眠ってました。

眠ってからはスッキリしたようで。普段のいっちの呼吸に近くなりました。
ただ、固めの緑がかった痰はまだ引けて、微妙に苦しいのか口を空けている事が多かったです。そのせいかエアをまた飲んでお腹が苦しいみたい。夜も殆ど食べませんでした。

『調子が良くて~』なんて学校の先生達に言うんじゃ無かった・・・嘘ついちまった(汗)

原因はどこでどう起こっているのかわかりませんが。
浮腫んでいるのでは?といったところです。元々悪いとこあたり、カニューレの下から分岐前あたりですね。

良くなった~と思うとこうして落とされる。今回は長くもったほうですけれどね。

思えば、昨日あたりからちょいちょいとおかしかったんですよね。
サチュが下がりやすいし、変な咳してたり、吸引してといわれても全く引けなかったり、寝しなには痰が引けるも嫌な音が消えなかったり・・・
それでも毎日クリアできてきていたから、いつもと同じだと思ってたのだけれど・・・今回はちょっと酷かったようです。

まぁ、カニューレも届いてませんし、外ではマイコプラズマ肺炎があちこちで出ているようなので、もうしばらくゆっくりしましょか。。。

 


痰がとても黄色かったり、毎日のようにカニューレが閉塞して吸入追加して掃除している状態ではありますが。とても元気!Spo2の下がりもかなり減ってます♪機嫌は悪い事が多いけど(涙)

オーダーのカニューレが早く来てくれれば早く帰れるのになぁ~って思いますが・・・だからってそれが合うかどうかはやってみないとわからないんですよね(涙)
合わなかったらどうなるかはまだ決まってませんが。今の状態で帰るのならば学校にも吸入器が必要かも。学校埃多いしね・・・回数次第だけれど、回数次第ではなかなか通えないなんて事もあるかもな。どうなるか・・・まぁわからんね。

昨日と今日は気温も暖かく、ご機嫌にお散歩♪
ハトにえさをあげたりしゃぼん玉したりして遊んでます。

しゃぼん玉。3.5mmにしたせいかとても出るようになりました。
半年前は出なかったのにね。凄いね。

 

モデルさん(いっち)不在での出展でした。
昨日はとても寒かったのに今日は暑かった、、、

いっちが小さい頃によく遊んだ公園での出展。
いつも遊んでいた芝生広場では、音楽演奏や読み聞かせがあったりしました。
フードコートでチョイスしてレジャーシート敷いて楽しんでいる家族がいたり、子供達が走り回ったり。いっちがいたらとても楽しんでいただろうなぁ~って思います。次回は一緒に出られるといいな。

さて、午後3時終了だったので4時には病院到着。
ストレスが溜まっているようなので、急いで外へと散歩に連れ出しました。

久しぶりにパパも一緒なので超ご機嫌♪

が、Spo2が落ちる・・・70台まで落ちる(涙)
さすがにノロノロともたれかかってしか歩かない状態で、殆どがおんぶや抱っことなりました。

音もヒューヒューと鳴り出したので、直ぐに院内の散歩に変更。
普段は人が多風邪でも貰ったら大変と院内はうろうろしないようにしているのですが、今日はお休みの日。真っ暗の中モニター鳴らしながら遊んでました。
非常灯しかついてないような病院・・・時々ストレッチャーとか置かれててちょい怖でしたね。

写真は携帯エリアでディズニーのパレードを視聴中♪
あぁ~退院したら連れて行ってあげたいなぁ~
けど冬なんだよなぁ~・・・(涙)

 

学校における医療的ケアの問題について。
様々な人達の助けにより、直接声が伝わる場所まで行く事となりました。

冷たいが雨の日。この時期という事もありお子さんの外出が難しく、関係者すべてで行く事はできませんでしたが。私を含め代表として3名、頑張ってきました。

着いて直ぐ、協力してくださっている議員さん2名と簡単に打ち合わせを行い。その後、教育委員会との意見交換となりました。
教育委員会からは、委員長と担当者2名。担当者の方とは夏にも意見交換が行われましたが、教育長とは初めてとなります。

まず、結論から言うと。

『今すぐ医療的ケアがある子に対して看護師の配置などは市では行えない』

これが今日の結果です。

けれど、そんな事は今まで散々言われてきている事なので、別に落胆もありません。
この席にどうして着きたかったかというと、教育長ともっと具体的な話をしたかったからです。
他の方から聞く話だと、教育長もその事は充分わかっていて、今できる事を何かしらやろうと頑張っているという話も聞いたので。

聞いた話の通り、教育長はこの問題についてきちんと考えてはいらっしゃったようです。それなりの行動も起こしていました。
ただ、市として何か物事を始めるとなると、とてつも無い時間や人員、お金がかかるのです。それが叶う頃には自分達の子供小学校卒業どころか、義務教育の終わっているのでは?というぐらいとてつもない時間が。
それと共に、法の解釈を市に変えていってもらわないといけないという大きな問題があります。

私達としては。長い時間を必要とするかもしれないけれど体制を作っていってもらいたい。これから生まれてくる子供達、小さな命が救われる事によって、気管切開という応急処置をするケースはどんどん増えてくるでしょう。その子達が地域で普通に生活できるよう、誰でも普通に学校に通えるように作っていってもらいたいと願います。

ただ。

だからって、今いる子達は仕方が無いではいけないのです。

今できる事。これをしていかなければならないと。

就学している子の親、私と友人とで常に話しているのですが。今すぐできる事として2つ。
1.看護師の資格を持つ養護教諭の配置換え
2.医療ボランティアの募集

1については、6年間でなくてもかまわない。大きくなって自分でケアできる、又は、ケアの回数の減少により親のケアも減る事もあるので、せめて低学年の頃だけでも配置を換えてケアを保健室でお願いできるようにしてもらいたい。
ケアといっても1回につき2分程度の事ですし、それ程他の生徒さん達の支障になる時間では無いと思われるので。

それについての解答は、
『養護教諭としての仕事に含まれていない』『先生として勤め、その分の給与で勤務している』という事でした。

ならば、今からその制度を変えてもらえばいいし、資格を持っていてもそれを負担と思うならば配置換えに加わらなくてもいい。給与の違いうんぬんというならば、気持ちがある方、志願してくださった方だけでいい・・・そうも思うのですが。

大きな問題が一つ。

『通常の学校への医療的ケアの参入がまだ文部科学省として認めていない』・・・という事。

養護学校までは認められているけれど、通常の学校ではまだ認められておらず。
ならば、他の地域で認められているのは?って思うけれど、それは、『解釈の違い』だそうで、この市では上手く読み取っていただけず、かたくなにそのルールを崩さないのです。

2について。
私が今ボランティアとして同じ学校の保護者の方にお願いしているように、市で大々的に募集をしてもらいたい。
理想としては市でボラさんを募集し、派遣してもらい、交通費や簡単なお手当てを出して貰う。手当てが無理ならばせめて派遣まで。それがダメならば市で大々的に募集だけをかけてもらう事。

校内で募集したとしても、資格があって休職中という保護者の方が見つかるとは限りません。規模の小さい学校ですとなお更。
あそこの学校は見つかったけれど・・・うちは見つからない・・・とかもあるし、なによりこれには学校側の理解や協力を得ないと行動には起こせません。
私のように、理解ある校長先生や教頭先生にめぐり合え、行動を起こす事ができ、尚、とても信頼できて安心できる方が見つかったらなばいいですが。そういう学校はまだまだ少ない・・・気管切開児についてはこの市では一花が通う小学校だけなのです。

今の段階では、ケアのある子の親とボラさんの直接契約で良い。信頼関係がきちんとできてから託すので、きちんと段階を踏めばそれで問題無い。親もそこまで信頼できる、何かあっても自分の責任と思えるぐらいにならないと、誰かに託すのはとても出来る事じゃ無いから。
ただ、人が見つからなければ、学校が認めなければそれも始められない。

市が募集する事で、今まで現状を見ず、ただ何かあってもいけないから・・・と避けていた学校も認めるところが増えると思うし、地域で勤務はできないけれど、2~3時間手伝うだけならばという看護師さんが見つかる事もあると思う。

それについての解答は。
『市として募集するのは難しいかも』と。やはり解釈の仕方で、学校にケアが入り込む事・・・ってとこではじかれてしまうんですよね。
ただ、ボラついては健康福祉局の範囲になるので、なんとも言えないという事でした。

結果。
教育委員会としては認めたいけれど。というところです。

子供が親から離れる事でどんなに成長する事か。親が付き添いをしたく無い、遊びたいから休みたいからしたく無いという事では無く。
いくら看護師さんが配置になったとしても、信頼関係ができるまではずっと一緒に付き添うと思うし、人手が必要ならば行くだろうし、ふと心配になったらこっそり覗きにいくかもしれない。
勿論、具合が悪くて休みたいとか、家庭の事情でどうしても働かなければなどの問題を抱えている人も沢山いる。これからも色々なケースの人がでてくるだろう。
ただ、サボりたいのでは無いんです・・・生まれた時からなんとか生きて欲しいと必死で、ようやく生きてこうして在宅できるようになってきた子供達を、少しでも心の成長の為に親から離してあげたいのです。
今回の事で、多少その事は伝わったかな。そう思います。

さて、文章ぐっちゃぐちゃですが(汗)
読みにくいよねぇ~ごめんです(汗)

教育委員会との意見交換は1時間の予定が軽く超えて終了。
扉の向こうでは健康福祉局が待っていました。はい、今度は健福の局長と担当者1名との話し合いです。

福祉局との話の中心は、前橋市での障害者自立支援法の地域生活支援授業の活用を、この地域でも取り入れられないかという事です。

結果、やはり解釈の仕方の事となり。なかなか福祉局は難しいお顔でしたし、素人の私達にはわかりにくい話も多かったです。

しかし、福祉局からは。
ボランティアに光あり!でした。

契約はどうなるかわからないけれど、募集するのはできるかもと。
さらに、詳しくしらべないとわからないが、通常のボランティアのように、万が一の時にと保険をかけておいたりなど、そんな可能性もあるかもとの事でした。

福祉局長のお話のトーンも良い感じの回答だったので、この線をとりあえず押して行くのがいいかなという感じです。

さて。そんなこんなで3時間ぐらい。
関係者方々、長い時間本当に本当にありがとうございました。
そして、この読みにくい文章をここまで読んでくださった方々、本当にありがとうございました(汗)

読んで下さったついでに(汗)
今回、教育委員会にて、大阪での医療的ケアの体制や、前橋の事、個人的に知っている市などの情報などお話させていただいたのですが。できれば、各地での体制情報がもっと知りたいと思っています。
『うちではこんなように体制を整えてくれています』『うちでは付き添ってます』等々、情報をもらえたらとてもありがたいです。
このブログにコメントいただいてもいいですし、メール(右下にアドレスがあります)でもいいです。
色々な情報を参考にさせてもらい、話を進めていけたらと思っています。

さて、夕方病院に滑り込みました(汗)
いっちは、保母さんや助手さん、看護師さん、お友達のママに遊んでもらいながら元気に過ごしていたようです。私が遅かったのか?それとも遊んでもらっているのに『もうママ来ちゃった~』なのか、言う事を聞かずツンケンとしてました(汗)
カニューレは2日目・・・かなり狭窄していて生食吸入を追加したり、生食でカテを湿らせて挿入したりとなんとか乗り切りました。これから毎日詰まるんだろうなぁ・・・そんな状態です。

 

カニューレ交換しました。
交換して1週間。点滴をロックして1日目で閉塞し始め、2日目の今日にはカテを押し込まなければ入らないとこまでになりました。
この状態で吸引すると危ない。痰が上がって窒息状態になってしまいますからね・・・急いで交換となりました。

という事で。今回は最初から点滴を入れていない状態です。サイズダウンして初めての挑戦!何日もつのかな?

体調は大丈夫。今日も無事散歩出来ました。
朝から自分の服を出して、散歩に行く気満々だたそうです。
私が病院に着いたらパジャマを脱ぎ始めました(汗)

カニューレを交換したおかげか、昨日よりは数値はマシ?程度。
ただ、調子に乗って走るとやばいです。それはよそうと止めました。

カニューレが細いからなのか、今までもそうだったのかわからなくて・・・と先生と話していたのですが。
今の状態でそうならば・・・もっと前はもっともっと酷い数値だったかもしれないよね~と。
結局どうなのかはわからないけれど、とりあえず顔色青くなったら直ぐ帰ってきてねと。

けれど、無理できなくなると自然とゆっくりになったり、休んだり。
いっちさんそこんとこは上手なのよね・・・さすが自分の体を良く知っているというか。
けど、80程度じゃそれ程苦しまない・・・レベルが低すぎる(汗)

 

昨日の回診で、試してみて~と先生。
なので早速♪
散歩です♪

カニューレが細くなっているので。歩いたり活動したりなど、生活が今までのようにできるかのチェックです。

しかし・・・鳴りっぱなし(汗)

ずっと80前半なのよね。

けれど、唇はいつもとあまり変わらずある程度悪いってとこ。
本人は遊びながらの散歩なので、特に苦しがる事も無く、少し立ち止まって落ち着くと上がってくる。

・・・もしかして?普段もこう?
これが継続して歩くとなると、いつものように苦しいって言うのかな?それよりもっと酷いのかな?

・・・わからない(汗)

また明日・・・調子が良ければ継続して歩くなど試してみようと思います。

昨日の朝から点滴無しで様子をみています。前日の夕方とったルートが漏れてしまったので、チャレンジ時だろうと。
もうルート取る血管も限りなく無いに等しいし。。。

今度こそ抜いていけるかな?それぐらい調子は良いです。

今日は午前と午後と院内学級に行けて。帰ってきておやつを食べてから散歩。1時間弱遊び、帰ってきたら直ぐST。とても充実した一日となりました。

そのおかげか。御飯は普段食べない生野菜のサラダまでしっかりと食べました。夜も早めに眠り。
嫌な予感がする程・・怖くなる程・・・いい子ちゃんでした(汗)

普段の活動と比べたら全然なんだけれどね。ベッド上や院内での生活が長くなってきてるので、カニューレの問題を抜いても体力は落ちているんだろうなぁ~と思います。

 


いっちの誕生日は29日です。わかってます、フライングしたんじゃありませんってば。
同室のお姉ちゃん、いっちが1歳の時から仲良くしてもらっているRちゃんのお誕生日だったんです♪

先生にこんな帽子かぶせて写真とったり。


こんなめがねかけさせて写真とったりしてました(笑)

Rちゃん、おめでとうーーー!

 

前回の日記以降も、また熱を出したりなどがありましたが。
そんな状態の中でも、ゆっくりゆっくりと上向きにはなってきています。
痰の色とか凄く良くなっているしね。

先週は熱の合間をぬってインフルエンザの予防接種も受けました。
2回目も入院中に受ける事になるかな?まぁ、ゆっくりとです。

昨日は学校の運動会でした。

それまでには退院できるかな?と9月の入院時には期待していたのですが。
いやいや、運動会には縁が無い人なのでね~やぱり間に合いませんでした。

けど、それは仕方の無い事。来年、元気に参加できるよう、安心して在宅できる状態までもっていきましょう♪

 

朝から狭窄気味だったようで。
2時間おきにインタール+ベネトリン、生食の吸入を続けてくれたのですが。
昼過ぎに面会に行くと、『これから(点滴)継続で入れます』との事でした。

しかし、昼過ぎに入れた点滴は直ぐに漏れ。チェックしにくい場所だった事もあり、気がついた時にはコッペパンのようにパンパンに腫れていて(涙)ごめんごめん(涙)

夜、無事に入れ直し。
どうか漏れずに・・・せめて2~3にちはキープできますように。

© 2011 花のいっぽ Suffusion theme by Sayontan Sinha