週末に大量買いした青唐辛子。
細かく刻んで、お酒やみりんと共に醤油に漬け込みます。

蒸し鶏やそうめん、しゅうまいやチャーハン、漬かりの浅い糠漬けなどにつけたりとか。我が家には欠かせない調味料の一つです。
今頃が一番多く出回るので、この時期には2回ぐらい同じ作業をするかな。枝付とかの安いものを大量に買って。

ただね・・・漬け込むだけなのだけれど・・・大量な唐辛子を切るのがかなり大変で・・・
今回、特に大きい青唐だった為、さらに大変で・・・

ええいっ!まどろっこしい、4本ぐらい一気に切ってやれっ!
・・・なんてね、朝から母は張り切っていたのですわ。この後、あれやってこれやって・・・色々考えながら・・・

えぇ、えぇ・・・やっちまいました・・・
小指をザックリ!!!
今まで生きてた中で一番ザックリ!

もぉ~全然血は止まらないし、心臓より高く手を上に上げて1時間・・・なんてまぬけな姿・・・
縫うしかないのか・・・これは病院行くしか無いのか・・・出勤したばかりの夫に電話するか?いや、そんな事したら怒られて笑われて、病院行くかどうにかしなさいとあきれられるだけだ・・・

あっ、ボンド式の絆創膏があった!

止めた。

止まったんじゃ無くて止めた。

その上からバンドエイド2枚を張り。水仕事の時はビニールの手袋つけて。お風呂にはテープでぐるぐる巻きにして。
今もぶつかったりすると痛いし、血がにじんだりはある。けど、縫わなくて大丈夫そうだ。

けど、小指が使えないって結構不便なのだなと。この日記もなんどもキーを間違えては打ち直し・・・を繰り返しで。
慣れちゃえば大丈夫なんだろうけれど、小指の不便ないっちの気持ちがなんとなくわかった。あぁ、こんな事不便なのねとか。

良い学習になったか?なんて・・・もう切らないように気をつけます・・・(汗)

© 2011 花のいっぽ Suffusion theme by Sayontan Sinha